ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「GoPro HERO+ LCD」米国で液晶モニター搭載のエントリーモデルを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカで2015年6月1日に、アクションスポーツカメラGoProの新製品「HERO+(ヒーロープラス)LCD」が発表された。アメリカでの販売価格は299.99ドル。

LCDタッチディスプレイを搭載した新しいエントリーモデルで、「HERO」や「HERO3ホワイトエディション」と「HERO3+シルバーエディション」の中間にあたる。

注目したいのはやはり、この価格で手に入る充実のLCDタッチディスプレイ機能だ。

撮影中のフレーミングを決めるときに嬉しいライブプレビュー、タイムラプス機能もついた800万画素センサーの静止画撮影、そして1080p/60fpsの動画を撮影可能だ。

パソコンを使わなくてもカメラの中でお気に入りのシーンを編集し、内蔵Wi-FiとBluetoothを使い、撮影した映像をSNSで簡単にシェアしたり、Go Proアプリやスマートリモートと接続もできる。

GoPro日本総代理店、株式会社タジマモーターコーポレーションによると、日本国内では2015年7月の発売を予定しているが、価格は未定。

初心者でも使いやすいエントリーモデルとして、日本での発売日が楽しみな商品だ。

GoPro (ウェブサイト)「GoPro HERO+ LCD」

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP