ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】アプリで愛犬写真をレベルアップ!ペット専門カメラマン監修「バウメモリー」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

愛犬の写真をスマホで撮影すると、いつもなんとなくピンボケだったり、なかなかカメラの方に向いてくれなかったり結構苦労するもの。

そんな愛犬家向けに、ペット専門のプロカメラマンであるペトグラファー監修の撮影ガイドと、ガイダンス付きの構図カメラで、愛犬のかわいい写真が撮影できるアプリ「バウメモリー」がリリースされたのをご存知だろうか?

ニューアーチデザイニング株式会社、コンテンツ事業部の松下誠治(まつしたせいじ)氏に話を聞いた。

・「愛犬の写真を撮るのが難しい」 友人の一言がヒントに

Q1: どのような経緯でこのアプリを開発することになったのでしょうか?このサービスに発展した経歴を教えてください。

友人が犬を飼っているのですが、「愛犬の写真を撮るのが難しい」と言っていたのをヒントに今回のサービスを思いつきました。

また、元々犬の殺処分ゼロに貢献したいという思いがあり、愛犬の写真をかわいく撮れるようになることで愛情が増し、犬を最後まで育ててくれる人が増えるのではと思ったというもの理由です。

・ペトグラファー監修の撮影ガイドが充実

Q2: プロの撮影ノウハウが学べる「愛犬の撮り方ガイド」が充実しているそうですね?

愛犬の撮影ガイドには、「カメラ目線の撮り方」や「お家スタジオ風撮影法」など、プロ直伝の撮影ノウハウがテーマ毎に用意されています。

スマホの持ち方や愛犬の気を引く方法などが紹介されています。

ガイドに沿って愛犬の写真を撮影していただくことで、まるで作品のような愛犬写真に挑戦することができます。もちろん、愛犬の撮影ガイドは今後も順次追加を予定です!

・「お家スタジオ撮影法」もアプリで学べる

Q3:「バウメモリー」を使ってみた、ユーザーの反応はいかがでしたか?

「お家スタジオ撮影法などプロならではの撮影方法を知ることができて試したくなった。」

「みんなの写真でどの撮影ガイドで写真を撮影したかがわかるので参考になる。」

などのご意見をいただくことができました。

・Android版も企画進行中

Q4:  今回はiOSアプリのローンチですが、今後Android版のリリース予定は?

現在、Android版についても企画進行中です。

Q5: このアプリを通して、今後はユーザー同士の活動も予定しているそうですね?

今後はユーザー同士のSNS機能を充実させていきたいと思っております。

また、アプリを通して犬の殺処分ゼロに貢献できる取り組み、イベントなども行っていければと考えています。

バウメモリーは基本的に無料で使えるが、愛犬の撮影ガイドは一部有料。このアプリがあれば、プロ顔負けの愛犬写真が撮影できる!

バウメモリー

(Writer: Saera Jin)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP