ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

価格は99ドル!ジョークも言える多機能ロボット「Musio」がスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロボットの開発が近年盛んになりつつあるが、このほど資金調達サイトIndiegogoに登場したのは、ユーザーと英語で会話ができるロボット「Musio」。

使えば使うほどに学習し、ユーザーの気分に合わせてジョークを言ったりするという賢さを備えていて、しかもスケジュール管理などもしてくれるのでアシスタントとしても活躍する。

・ジョークで笑わせてくれる!

Musioの売りの1つが、ナチュラルに会話ができるということ。ユーザーの言ったことを正確にとらえて間をおかずに返事をし、またその話し方もなかなか自然。

例えばユーザーが「今日は落ち込んでる」などというと、ジョークで返すなどの賢さを持ち合わせているのもセールスポイントだ。しかも、そのジョークがウケたかどうかも学習するというから驚きだ。

・スマート家電とも連携

アシスタント機能も充実している。単語のスペルを尋ねたら教えてくれ、スマートフォンと連携させれば「そろそろ友達と会う時間」などとスケジュール管理もしてくれる。

さらにもう1つ、照明やセンサーなどスマート家電とも連携させることもでき、Musioに「部屋の電気をつけて」などと話しかければ、それらを操作してくれる。

・知能レベルは3タイプ

1台で何役もこなすMusioだが、知能レベルは「普通」「スマート」「すごくスマート」の3タイプがあり、それぞれに価格設定が異なる。

現在、Indiegogoでは普通タイプ(会話のみ)99ドル、スマート239ドル、そしてすごくスマートのタイプは549ドルで申し込みを受け付けている。

キャンペーンは7月6日まで。なお、6月14日までに出資すると、通常25ドルかかる米国・カナダ以外への発送費用がただになる。

Musio/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP