体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ぶっ通し6時間インタビュー】芸能記者の仕事! 記者X氏に聞きました(中編)

ぶっ通して6時間しゃべってもらう『ぶっ通し6時間インタビュー』シリーズ。第1回の中編となる今回は、いつも当編集部が芸能関係のお話をうかがっている芸能記者X氏。いままでもインタビューを掲載することはありましたが、今回は改めて6時間ぶっ通しでインタビュー! 芸能記者ってどんなことしているの?

4月某日、X氏を6~8時間拘束(?)していろいろと聞きました! まだ前編をお読みになっていない方は、『ぶっ通し6時間インタビュー! 芸能記者の仕事を記者X氏に聞きました(前編)』をご覧ください。では、前編の末尾部分からどうぞ。

■グラビア雑誌の裏側
記者  何かもっと裏話的なものはないですか?
X氏  突拍子もない質問ですね。
記者  ないですか。
X氏  私がはじめて出版社に勤務したころの話ですが、雑誌の悪例のひとつといいましょうか、ひどいことが行われていました。
記者  悪例?
X氏  はい。私は大学を卒業して新卒で入った出版社が、芸能誌やグラビア誌を出しているところだったんですね。そこでは、読者プレゼントとしてグラビアアイドルのDVDとかサイン入り写真、非売品ポスター、そして家電やらAV機器やらたくさん放出していたんですよ。
記者  もともとそんなものは仕入れていなかったとか?
X氏  いえ、それは違反になるのでできません。
記者  プレゼントを自分のものにするとか?
X氏  それも違反です。いろいろと問題が発生します。
記者  どんな悪例なのでしょうか?
X氏  プレゼントは編集部がちゃんと経費として購入しますし、読者から届いたハガキで抽選もします。しかし……、読者として自分で応募したハガキを当選させるのです。
記者  ひどいですねえ。
X氏  ひどいです。でも私はしていませんよ。
記者  本当はしたでしょう?
X氏  してないです。そういうプレゼントは、外部の関係者でひいきにしている人にプレゼントするんですよ。「ハガキの端っこに赤ペンでラインを引いて、ハガキが見つかりやすいようにしておいてください。当てますから」と。
記者  ひどいですね。
X氏  ひどいですよ。でもそれが普通になっていました。
記者  どこの出版社ですか。
X氏  実名言ってもいいかな。
記者  いいですよ。暴露しましょう。
X氏  出版社は……。

記者  どこですか?
X氏  言えるはずないでしょう。オフレコで〇〇〇〇です。
記者  大手の雑誌じゃないですか!
X氏  まあ、大手も中小も関係ないですね。やるとこはやってます。

■グラビア撮影の裏側
記者  グラビア誌というと、やっぱりアイドルと知り合えるチャンスなのでしょうか?
X氏  一般人よりは出会いのチャンスはありますが、手を出したことはありませんし、そんな雰囲気にはならないです。なかには手を出す編集者もいますが……。
記者  毎回アイドルの水着ばかり見られるのはうらやましいというイメージがあります。
X氏  でも、ここ数年ほど読者に人気なのはアイドルのグラビアではありません。
記者  どんなグラビアですか? 素人さんのグラビアですか?
X氏  近いですね。確かに素人のグラビアです。が、普通の素人ではグラビアはあまり成り立ちませんね。どちらかというと素人のセクシー写真は、もっとディープなアダルト雑誌向けになってしまいます。
記者  では、どんな素人さんのグラビアなのでしょうか?
X氏  いろいろあるのですが、そのひとつは特殊な職業の素人グラビア写真ですね。
記者  特殊な職業?
X氏  まだ実現には至っていませんが、婦人警官のグラビアとか。
記者  そんなのできるんですか!?
X氏  頑張ればできる……。と言いたいところですが、まだ実現していません。
記者  読者をだまして、本当は事務所所属の女性だったりしませんか?
X氏  それはしません。読者に信頼してもらうため、女性の身分証明証をモザイクつきで掲載します。
記者  社員証ってことですか?
X氏  そうですね。今まで、大手家電メーカー、大手広告代理店などの女性に登場してもらい、個人と会社が特定できないレベルでモザイクをかけて誌面に掲載しました。
記者  でも顔でバレるのでは?
X氏  そうですね。だから顔出しNGの人もいます。が、顔を出してもOKな人もいましたよ。
記者  会社にばれたら大変じゃないですか。
X氏  はい。しかし、もし会社を辞めていたら?
記者  会社は辞めたけど、社員証さえ持っていれば元〇〇〇ということで掲載できると。
X氏  そうですね。そして、顔でバレてもその会社から罰せられることもありません。もともと社名は出していませんが。
記者  女性の写真だけでなく、その人に何かしらの地位があると、男性は興奮するということなのでしょうか?
X氏  そうですね。「あの〇〇って大手に勤務している人が脱いでる!」という部分で読者は想像を膨らますようです。
記者  単にグラビアを載せても難しいんですねえ。
X氏  正統派のグラビアは爆発的な人気を得られませんが、一定の人気はありますからこれからもずっと掲載され続けることでしょう。でも、モデルの女性に付加価値がついた場合、もっと人気が出たり注目されると思います。現に、そういう記事のほうが読者に人気があります。だいたい、そういうのは袋とじにしちゃいますけどね。
記者  袋とじですか。立ち読みできませんね。
X氏  興味をそそらせる企画モノの記事やグラビア写真は袋とじにします。
記者  袋とじやめてくださいよ。
X氏  やめません。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。