ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『水曜歌謡祭』AKB48総選挙への意気込み、藤井フミヤSPメドレー&木梨憲武とヒロミコラボ曲披露、昭和アイドルメドレーに木梨がローラースケートで乱入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フジテレビの音楽番組『水曜歌謡祭』が6月3日に放送。今回は、藤井フミヤ&尚之の兄弟コラボに、木梨憲武とヒロミがコラボレーションしたユニットが、番組を盛り上げた。

 オープニングは、ハンチングにカットシャツ、アコースティックギターを抱えた、藤井フミヤの代表曲「TRUE LOVE」から。リリースから20年以上経つこの曲も、フミヤの歌声も、まったく色褪せることなく、当時が蘇るかのようなステージに。また、生まれる前のナンバーであるメンバーもいるAKB48のメンバーも、そのムードに酔いしれ、口ずさみながら聴き入っていた。

 そのAKB48のメンバーが、フミヤを引き継ぐ。いよいよ6月6日に迫った総選挙前の生放送、速報では首位突破を果たした、指原莉乃センターの代表曲、「恋するフォーチュンクッキー」を、チェッカーズ時代を彷彿させるチェックの衣装で披露した。

 オープニングトークに移ると、スタジオからすぐ近くのセットで、木梨憲武とヒロミ、藤井尚之がバーベキューセットを囲んでいる様子を、司会の渡部がツッコミながら中継。80年代風、生放送形式の音楽番組を思い出させるような構成だ。

 トークが終わると、スタジオから<リスペクト!>のコーナーへ。今回は綾小路 翔が選ぶ、“昭和アイドルゴキゲンソング ベスト3”ということで、アイドルに憧れた幼少期や、当時の母とのエピソードなどを語り、約120曲の中から厳選したという3曲を披露。

 Flowerの白い衣装が舞う、沢田研二のサマーポップ「おまえにチェックイン」(1982)からはじまり、曲間途切れず男闘呼組のデビュー曲「DAYBREAK」(1988)を、先週スタジオを盛り上げたDAIGOと、ロック・テイストに仕上げた。

 シメは光GENJIの「STAR LIGHT」。AKB48のメンバーがサポートし、小嶋や柏木のソロパートも交えつつ盛り上げたが、途中、木梨がローラースケートで乱入し、キーボードパートに突っ込んでしまう、という生放送ならではのハプニングも。

 続いて今週の<出張歌謡祭!!>には、あべ静江&安倍なつみの「アベアベ」コンビが登場。雨があがったばかりのシチュエーションにピッタリのナンバー、「みずいろの手紙」(1973)を、紫陽花彩るとしまえんから生中継。黄色に水色の衣装が紫陽花にピッタリで、あべ静江の美しいハイトーンが涼しい風を運んだ。安倍なつみとの息もぴったりで、大成功に終わったが、どうやらお互い、虫が気になっていた様子。

 スタジオに戻り、本日の目玉<藤井フミヤ・スペシャルメドレー>が開幕。弟・藤井尚之のサックスが映える、1987年の大ヒット曲「I Love you, SAYONARA」を、フリつきでスタンドマイクをうならせたフミヤ。改めて名曲だな、ということと、当初のままであるこの声量に、驚かされた。2曲目は、フミヤ作詞、尚之作曲による、猿岩石の大ヒットナンバー「白い雲のように」(1997)を、クリスハートを交えてセルフ・カバーした。

 場面は木梨憲武とヒロミがいる、スタジオ隣のセットへ移し、バーベキューからのスタジオ移動という、ネタらしい一面をみせて、3人のコラボレーションシングル「友よ」を披露。この曲は、6月13日のフジテレビ系『土曜プレミアム」で、藤井フミヤ、木梨憲武、ヒロミがコラボした「ノリタケ・フミヤ・ヒロミが行く!キャンピングカー合宿~出会い・ふれあい・幸せ旅~』のために作成された新曲で、バーベキューセットの後ろに置かれた白いワゴン車も、この番組に使用されたもの。プライベートでも親交の深い3人によるコラボは、番組だけでなく、ステージでの歌声も絶妙にマッチしていた。

 ラストは、総選挙が3日後に迫った、AKB48が登場。これまでの総選挙の歴史を振り返りながら、首位略奪を狙う指原莉乃や、今回がラストとなる高橋みなみ、時期総長の横山由依が今回の意気込みを語ったところで、島崎遥香センターによる「僕たちは戦わない」を披露。曲のイメージとはウラハラに、白のワンピースに赤のスニーカーがマッチしててキュートな印象を与え、選挙前の緊迫している印象は受けなかった。メンバー、リラックスしているようにも見えた。

 エンディングは全員揃ったところで、ほろ酔いのフミヤ、尚之、ヒロミと、ビール片手に木梨が乱入。トーク中に、その片手にもったビールをこぼしてしまい、笑いに包まれる中、本日の水曜歌謡祭は幕を閉じた。

 次回の水曜歌謡祭は、6月10日の7時57分から生放送。田島貴男、増田貴久、安倍なつみ、クリス・ハートなどおなじみのメンバーに、小野正利、広瀬香美、山根康広といった90年代を彩ったアーティストが登場。そこに久本雅美がどう絡んでくるのかも楽しみだ。

Text: 本家 一成

◎番組情報
フジテレビ『水曜歌謡祭』
毎週水曜夜7時57分 生放送
MC:森高千里 / 渡部 健(アンジャッシュ)

関連記事リンク(外部サイト)

『水曜歌謡祭』ひと味違った“アルフィー・ステージ”、井上陽水「ありがとう」を増田貴久×クマムシの異色コンビ、名曲「少年時代」は秦 基博がカヴァー
『水曜歌謡祭』郷ひろみが生放送で16分20曲ノンストップメドレー、石井竜也が選ぶリスペクトアーティストとつんく♂への感謝の思い
『水曜歌謡祭』2HSPがオンエア、中川翔子大興奮のアニソンメドレーや、明菜メドレーでは三浦大知とNEWS増田が互いを賞賛

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP