ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

素人も参戦可!アイドル育成アプリとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


DMM.comは5月下旬、アイドルとファンがコミュニケーションできるSNSアプリ「DMM.yell」(Android版/iOS版)をリリース。開始1週間で150組750名以上のアイドルが参加するなど、盛り上がりを見せているようだ。

【もっと大きな画像や図表を見る】

「DMM.yell」では「アイドル」と「一般」というカテゴリが設けられている。ユーザーはそれぞれのカテゴリで女の子たちが投稿した写真・動画を閲覧できるほか、会員登録すれば、コメント投稿で女の子たちとコミュニケーションをとったり、「yell」ボタンで“応援”したりすることも可能。「一般」の女の子でも、“応援”が多ければアイドルデビューへのきっかけとなる可能性もあるという。

女の子たちは、自撮り写真や動画を投稿し、それらに対するユーザーからの「yell」を集めることで、獲得数に応じたランキングが掲載される。ランキングはデイリーおよびマンスリーで表示。人気の女の子はサイトでのプロモーション露出や、イベントへの出演機会などを獲得できるようになるとのことだ。

11人組アイドル SUPER☆GiRLS や、8人組ガールズロックユニット PASSPO☆も参加するなか、6月2日時点で「yell」を多く獲得した女の子トップ5は、

1位 大友波瑠(リンクSTAR’s)

2位 黒木怜美(ヒペリカム)

3位 喜多裕子(FYT)

4位 小池杏奈(ANNA☆S)

5位 田沢涼夏(ANNA☆S)

という順。

1位の大友の投稿を見てみると、寝起きやお出かけ前の一枚といったもののほか、

「ぷっはあああ

雨じゃないよー!はるの汗だい

ダンス三昧で、すっきりさっぱりつるるん」

「はるだにゃーん

今日はぶぅじゃなくて、猫のつもり←たぬきじゃないよ?笑

昼間は暑かったけど、少し過ごしやすくなってきたかな~

みんなバテてない?」

と、汗だくの顔や自身の顔に猫の落書きをした写真なども投稿しており、工夫を凝らしているのがうかがえる。

ちなみに、リリース開始日の5月25日から6月2日までの間に、ツイッターで「DMM.yell」というワードを含んだツイート数は3000以上。その投稿を覗いてみると、

「DMM.yellなんとなく眺めてたらかわいいアイドルいてどこのアイドルか気になってみてみたら福岡だった辛い」

「DMM.yellで投稿してたこのかっちゃんの写メ可愛すぎかよ!高まったわ~♪」

とアイドル好きからの声のほか、

「今日からDMM.yellを始めることになりました~~=(^.^)= みなさん応援してください」

「DMM.yellとうこうしたよー たくさんyellくれたらうれしいー♪ たくさんたくさんハートまってます」

「6月もたくさん DMM.yell更新するのでよろしくお願いします」

など、アイドル自身からのアピール投稿も多数。ユーザーと密にコミュニケーションを取ることができるとあって、新しいツールとして期待しているようだ。

設定により、ユーザーはお気に入りや「yell」した子だけを見られる「自分だけのタイムライン」を作ることも可能な「DMM.yell」。気になるアイドルが頑張っている姿には、エールを送るだけでなく元気をもらうこともできそうだ。

【関連リンク】

■DMM.yell

URL:http://yell.dmm.com/lp/

■DMM.yell (@dmm_yell) | Twitter

URL:https://twitter.com/dmm_yell

記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

素人も参戦可!アイドル育成アプリとは?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

LINEで音楽共有、楽しさ進化?
アイドル脱退「最低な事」で大喜利
超使える! Google純正アプリ5選
音質向上するiPhoneケース登場
ドン引きする彼女の「趣味」1位は

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP