ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イタリアンを火星で食べられる店? 目黒にオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イタリアンを火星で食べられる店? 目黒にオープン
J-WAVE平日(月〜木)午前の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「7-ELEVEN GOURMET-3」。6月3日のオンエアでは、「火星」をテーマにしたイタリアンのお店「MARTE」をご紹介しました。

「イタリアンを火星で食べたら」をコンセプトにしたイタリアンのお店「MARTE」。店名の「MARTE」とは、イタリア語で火星のこと。3月に目黒にオープンした同店は、アートディレクターの秋山具義さんがプロデュース。オープンのきっかけは、秋山さんが小学校の卒業文集で書いた作文でした。その内容とは?

「2003年に火星で大衆食堂を始めるという、夢の話を書いていて。その店の名が「火星屋」だったんです。地球人が火星に住んで、そこのレストランに行くようなイメージです。地球で慣れ親しんだイタリアンを火星で食べたら…、そんな気分で食べたら面白いかなと」(秋山さん)

秋山さんの小学生時代の夢、火星をイメージした店内は、床や壁の一部が赤かったり、火星人のキャラクターがワンポイントに使われていたり。メニューにも面白い工夫がたくさんあります。そこで、秋山さんに人気のパスタBEST3を聞きました。

<第3位> スパゲッティ雪山ボロネーゼ
パスタにかけられた雪山のようなチーズがインパクト大の一品。和牛と豚肩ロースの歯ごたえを残しながら、店で挽いた肉の旨みがポイントに。チーズがこれだけ乗っていても、決して負けない強さがあると、特に男性受けが良いとのことです。

<第2位> ウニのグチュグチュスパゲッティ
「ウニ好き」を自認する秋山さんが、「僕たちが食べたいもの」として出しているのが、一番濃厚なウニのパスタです。ビジュアルからウニ感満載ですが、濃厚なウニの味は特に女性に人気で、一度ハマると必ずリピートしてしまう魅惑のパスタなのだとか。

<第1位> スパゲッティ辛ボナーラ
見た目のコショウの量に驚きですが、食べてみると、コショウに負けないくらい濃厚なカルボナーラとのバランスが取れていて、今まで食べたことのない味わいに。来店した人が必ず頼んでしまうという、看板メニューになっています。

一度食べるとまた食べたくなる、中毒性のあるパスタが人気の同店。見た目とおいしさ…、シェフがベストバランスのおいしい料理に仕上げているからこそ、高いリピーター率につながっているのでしょうね。火星に行ったつもりで、おいしいイタリアンを楽しんでみてはいかがでしょうか

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。