ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

予想以上でも予想以下でも、行けばきっといい思い出になる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Nitta Hiroshi「2013年 厳冬、北極圏ムールマンスクへの挑戦

TRiPORT編集部です。日々の生活の中で良い意味でも悪い意味でも「期待外れ」ってありますよね。もちろん旅の中でもあります。今回はライターさんたちのそんな体験談を集めてみました!

■知らなかったモノクロの世界

ロシアのムールマンスク駅に到着した新田さんの目の前に広がったモノクロの世界。-30度の厳冬の中での登頂の末に今まで味わったことのない幻想的かつ厳粛な雰囲気を体感したそうです。デジタルカメラとiPhoneは寒すぎて機能停止に…(続きはコチラ

■またハワイに行きたい

筆者撮影 船からオアフ島

ホエールウォッチングを楽しみにしてハワイに訪れた内山さんは、一番見たかったブリーチング(大きくジャンプする行動)が見れずに少しがっかり…。しかしその後、自分自身も忘れていた「求めていたもの」に出会うことができ、「またハワイに行きたい」と思えたそうです。(続きはコチラ

■砂漠でフラミンゴ!

Photo credit: Aya Kato

以前よりも飛行機に安く乗れるようになったため、空路で移動する人も増えている中、アオノさんはあえて陸路移動を提案してくれました。何もない土地に捨てられた古い機関車、頭上から地平線までを埋め尽くす満点の星、砂漠の中の湖に突如現れる大量のフラミンゴなど、陸路で移動したからこそ見えるものがたくさん! (続きはコチラ

■英語がほとんど話せなくても

Photo credit: Usami Takuya「光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。

オーストラリアといえば、エアーズロックや、シドニーのオペラハウスなどが有名ですが、梅澤さんは現地の人との交流が一番楽しかったという思い出があるそうです。英語がほとんど話せなくてもコミュニケーションをとろうとするだけで、きっと思いがけない現地の人との交流があるはず! (続きはコチラ

■日本の駅にあるアレ

Photo credit: Seina Morisako「BACK TO TOKYO

シンガポールに住んでいるSeinaさんにとって東京への一時帰国は「旅」になります。シンガポールのお店は独特のアジア風のアレンジ効いていることも多いので、東京に行くときは「おいしい日本食」のことで頭がいっぱいになるそう。海外に住んで改めて気が付いたのは日本の駅にあるアレの優しさだったとか…(続きはコチラ

Photo by: Narumi Uchiyama

関連旅行記

*Nitta Hiroshi「2013年 厳冬、北極圏ムールマンスクへの挑戦
*Usami Takuya「光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。
*Seina Morisako「BACK TO TOKYO

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP