ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オールスター中間発表で最多得票 森友哉が抱える大きな問題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球・オールスターの中間発表で最多得票は、DH部門の西武・森友哉だった。セ・リーグで目下三冠王の横浜・筒香嘉智を抑えて両リーグトップである。

「投票してくれるのは嬉しい。でも自分はまだそこまでの選手にはなっていない」

 本人はそう謙遜するが、交流戦前までの成績、打率.300(10位)、27打点(9位)、9本塁打(6位)は堂々たるもの。小柄な体でフルスイングする外連味(けれんみ)のなさがファンの支持を集めている。

 しかし球界のニューヒーローは大きな課題を抱えている。DH制のない交流戦のセ主催試合はライトで出場しているが、横浜の中畑清監督が「森がライト? よし、全員ライト打ちだ!」と茶化すほど守備が心許ないのだ。それもそのはず、大阪桐蔭高時代は藤浪晋太郎(阪神)とバッテリーを組んでいたように、本業のポジションは捕手である。

 DHでの出場になっている理由は、西武には炭谷銀仁朗という正捕手がいることもあるが、捕手としての能力が未熟という面が大きい。田辺徳雄監督も、「まだ一軍でマスクを被らせられない」と語っている。

 森自身もそれは自覚している。最近、森を取材したスポーツジャーナリストの話。

「彼は“捕手は準備しなければいけないことが多すぎて難しい。いずれは守って打って、という選手にならないといけないのはわかっているんですが……”と語っています。しかし一方で、“打者としてはプロに入ってもレベルの差に苦労しなかった”と断言している。実際そうなっているので自分を冷静に観察できているようですね」

 田辺監督の方針により、森は今季、レギュラーシーズンでは試合前に捕手の練習をしたうえでDHとして出場し、翌日の昼間にはイースタンでマスクを被って出場するという“二刀流”に挑戦している。だが皮肉なことに打者として活躍すればするほど、守備の問題が際立ち、捕手としての評価は下がる一方だ。西武を背負って立つ強打の捕手が生まれるのはまだ先のようだ。

※週刊ポスト2015年6月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
西武へ移籍間近の森本稀哲 二軍戦での活躍が大きかったか
阪神 「捕手9人登録」酷評されたが好調の意外な後押しに
プロ野球前半戦 最も代打送られたのは36回の西武炭谷銀仁朗

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP