ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Album Review: ジョアン・ドナート ブラジルの天才ピアニストによる名演が凝縮されたスタンダード集

DATE:
  • ガジェット通信を≫
Album Review: ジョアン・ドナート ブラジルの天才ピアニストによる名演が凝縮されたスタンダード集

 タイトにボサノヴァのビートを刻むリズム・セクションと、軽快にスウィングするピアノ。聴きなれたメロディを、潮風のような心地いいサウンドに包み込んで聴かせてくれる。ジョアン・ドナートの新作は、いつになくオーソドックスな作品である。

 10代ですでにプロとして活動を始め、米国でジャズやラテンをマスター。ボサノヴァ・ブームの頃にはジョアン・ジルベルトを筆頭に多くのミュージシャンを支えてきた。もちろんソロでも数多くのアルバムを残し、とりわけ70年代の名盤『ケン・エ・ケン』や『ルガール・コムン』などはレアグルーヴとしての観点からも評価されているのも周知の通りだ。

 今回発表した新作『ブルー・ボッサ~スタンダード・コレクション~』は、そのタイトルにある通りスタンダードをメインに演奏している。自身のオリジナル曲は控えめに、「イパネマの娘」や「コルコヴァード」、「デサフィナード」といったボサノヴァの名曲が多いが、それ以上に「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」や「虹の彼方に」、「オール・オブ・ミー」といったジャズのスタンダードが目に付く。しかし、まったく違和感なく、ピアノ・トリオ編成を軸にジャジーなボッサ・ビートを披露しており、ドナートの軽やかなプレイがとにかく心地いい。老練になると難解になったり、逆に生ぬるくなったりすることがあるが、彼に関してはとても80歳とは思えないみずみずしい音符が鍵盤からこぼれてくるのだ。

 潮風の薫りを運んでくるブラジリアン・ジャズ・ピアノ。2枚組たっぷりに収められた名演を、じっくりと堪能してもらいたい。

Text: 栗本 斉

◎リリース情報
『ブルー・ボッサ~スタンダード・コレクション~』
ジョアン・ドナート
2015/05/27 RELEASE
3,240円(tax incl.)

関連記事リンク(外部サイト)

Album Review: ルーカス・サンターナ 色彩豊かなブラジリアン・サウンドとその魅力が詰まった秀作
Album Review: Radicalfashion ピアノのさらなる可能性を示唆する未来派ミュージック
Album Review: エンリコ・シモネッティ 知る人ぞ知るイタリアの名手のロマンティシズム溢れるピアノ楽曲集

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。