ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザ・フラテリス デビュー作を手掛けたトニー・ホッファーを迎えた待望の新作を日本先行発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ザ・フラテリスが、ニュー・アルバム『アイズ・ワイド、タン・タイド』を8月19日に日本先行リリースする。

 2005年に英グラスゴーにて結成されたロック・バンド、ザ・フラテリス。デビュー作『コステロ・ミュージック』から「気取りやフラッツ(Flathead)」がiPodのCMに起用され、今なおスポーツ・アンセムとして使われ続けている「チェルシー・ダガー」の大ヒットでアルバムは全英アルバム・チャートで最高位2位を記録。その後、83週間もトップ100にランクインし続け、トリプル・プラチナ・アルバムとなり、2007年の【ブリット・アワード】では最優秀英国新人賞も獲得。

 2008年にリリースされた2ndアルバム『ヒア・ウィー・スタンド』は全英アルバム・チャート5位を記録するものの、2009年7月にバンドは活動休止を宣言。2012年にチャリティー・ライブでの演奏を機に、再びザ・フラテリスとして活動を開始すると、翌年には3rdアルバム『ウィ・ニード・メディスン』を発表した。

 そんな彼らの約2年ぶりとなる新作『アイズ・ワイド、タン・タイド』は、デビュー作『コステロ・ミュージック』を手掛けたトニー・ホッファーを再びプロデューサーに起用し、2014年の終わりにLAでレコーディングされた。

 2nd、3rdアルバムに続き、当初、新作のプロデュースを自ら行おうと考えていたザ・フラテリスだったが、「僕たちの方向性を示してくれる人が必要だと感じたんだ。」とジョン・フラテリが語るように、トニーを迎えることにより、デビュー・アルバム『コステロ・ミュージックの遊び心とエネルギーを持ち合わせた快作に仕上がった。

 また、『アイズ・ワイド、タン・タイド』の日本盤にはボーナス・トラックが9曲収録される予定となっている。

◎「Me And The Devil」 (Official Audio)
https://youtu.be/1yQ_grujECk

◎『アイズ・ワイド、タン・タイド』トラックリスト
01. Me And The Devil / ミー・アンド・ザ・デヴィル
02. Impostors (Little By Little) / インポスターズ(リトル・バイ・リトル)
03. Baby Don’t You Lie To Me / ベイビー・ドント・ユー・ライ・トゥ・ミー
04. Desperate Guy / デスパレート・ガイ
05. Thief / シーフ
06. Dogtown / ドッグタウン
07. Rosanna / ロザンナ
08. Slow / スロウ
09. Getting Surreal / ゲッティング・サーリアル
10. Too Much Wine / トゥー・マッチ・ワイン
11. Moonshine / ムーンシャイン
12. Down The Road And Back… Again… / ダウン・ザ・ロード・アンド・バック・・・アゲイン・・・※
13. Medusa In Chains / メデューサ・イン・チェインズ※
14. Imposters (Little By Little) (Acoustic) / インポスターズ(リトル・バイ・リトル)(アコースティック)※
15. Desperate Guy (Acoustic) / デスパレート・ガイ(アコースティック)※
16. Rosanna (Acoustic) / ロザンナ(アコースティック)※
17. Slow (Acoustic) / スロウ(アコースティック)※
18. Moonshine (Acoustic) / ムーンシャイン(アコースティック)※
19. I Know Your Kind / アイ・ノウ・ユア・カインド※
20. I’m Gonna Be Your Elvis / アイム・ゴナ・ビー・ユア・エルヴィス※
※日本盤ボーナス・トラック

◎リリース情報
『アイズ・ワイド、タン・タイド』
ザ・フラテリス
2015/8/19 RELEASE
2,300円(plus tax)
※日本先行発売、日本盤ボーナス・トラック9曲収録
※解説 / 歌詞 / 対訳付

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・フラテリス 5年4か月ぶりの新作が10月に発売
ベイルート、約4年ぶりの新作アルバム『ノー・ノー・ノー』が9月にリリース タイトル・トラック音源も公開開始
シンプリー・レッド、8年ぶりとなるニュー・アルバム『ビッグ・ラヴ』輸入盤リリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP