ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ツアーファイナル満員御礼! そして次なるステージへ 『i☆Ris 1st Live Tour 2015』ライブレポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


5月24日、Zepp東京にて『i☆Ris 1st Live Tour 2015 ~We are i☆Ris!!!~ Supported by J-Debit』が開催された。i☆Risは、エイベックス・グループと81プロデュース共同オーディションで選ばれた、声優とアイドルの活動の両立を目指すハイブリッドユニット。2012年7月に開催された『第1回アニソン・ヴォーカルオーディション』の合格者6名で結成されて以降、アニメのテーマソングなどを含めて多くの曲をリリースしてきた。メンバーは山北早紀さん、芹澤優さん、茜屋日海夏さん、若井友希さん、久保田未夢さん、澁谷梓希さんの6名。2014年7月から放送が始まった『プリパラ』では、6名全員が主要キャストを担当、オープニングテーマも歌うなど話題を集めた。

今回のライブは、2015年4月にリリースした1stアルバム「We are i☆Ris」を引っさげて4月18日から5大都市を回った1stライブツアーのファイナル公演。アルバム曲を中心に、ライブ初披露となる楽曲まで全21曲を披露、さらにボイスドラマの生アフレコまでi☆Risの全力を詰め込んだライブとなった。大盛況であったi☆Risの1stライブツアーファイナル、東京公演の模様をレポートする。

開幕、『プリパラ』のオープニングテーマである『Make it!』からスタート、いきなり会場のテンションも最大まで跳ね上がる。多くのファンがi☆Risを知るきっかけとなったであろうこの曲に、会場からも全力のコールで答えていた。続く『徒太陽』は今回のツアーでは東京公演のみで披露された楽曲。さらに、『わくドキしたいっ!』と開幕から一挙3曲を歌い踊った。

最初のMCでは、山北さんが「今日は爆発して伝説残していくぞー!」と叫ぶと会場からも大きな歓声が飛び交い大盛り上がり。続いてそれぞれのメンバーが自己紹介を行うたびに、会場とのコール&レスポンスが行われ、さらに熱気を帯びていった。

その後も全力で歌い踊るi☆Ris。『幻想曲WONDERLAND』では、まるでミュージカルのような優雅なステージを披露し、『Believe in』『流星』『Love Magic』と3曲続けて広いステージの上を2人ずつ歌い踊った。カバーアルバムから『ウィーアー〜最強パレパレード』を披露すると、続けて『プリパラ』より『CANGE! MY WORLD』、『HAPPYぱLUCKY』とユニットに分かれての楽曲を披露。それまでのパフォーマンスとは打って変わって、アニメのキャラクターが見えてくるようなステージに観客も大いに湧いた。

ここからはアフレコパートに移る。今回のアフレコでは、最愛の人を失うという運命に抗う、シリアスなテーマのドラマを演じた。現在の時間を生きる主人公と過去や未来の自分が対話する、という難しい設定であったが、主人公役の芹澤さんをはじめ、6人全員が熱演。それぞれが声優としても活躍しているi☆Risだからこそ実現した生アフレコの様子を固唾を呑んで見守った。そして、運命に抗うことをテーマにした楽曲『Defy the fate』を熱唱、続いて『イチズ』『ミライノナマエ』『Believer’s HEAVEN』とi☆Risのアツい楽曲を3曲続けて披露した。

そしてラストスパートではみんなで盛り上がれる人気楽曲を4曲一気に披露。『Happy New World☆』『ミラクル☆パラダイス』『§Rainbow』『Realize!』と続き、会場のテンションは再び最高潮まで盛り上がっていく。ここまで18曲をほぼノンストップで駆け抜けたi☆Risは、最後までキレのあるダンスを披露し、ラストスパートを一気に駆け抜けた。

アンコールを受けて再び登場したi☆Ris。ライブでは初となる『ドリームパレード』を披露すると、会場は再びヒートアップ。曲が終わると、ツアーファイナルを迎えたi☆Risのメンバーそれぞれが、ここに至るまでに感じた想いや今の気持ちを語った。

久保田さんは「それぞれのお仕事が増えてきて、6人で集まる時間も減ってきたにも関わらずこんなに大きいところでできてよかったなと思います。みんなの笑顔が生きる活力だと思っています!」とファンへの感謝を表し、若井さんは「今回は初めて地方も回って、たくさんの愛を感じました。今日もこんなにたくさんの皆様の前でパフォーマンスできて幸せです。まだまだここで止まるつもりはありませんし、これからも応援よろしくおねがいします」と今後の展望も語った。

澁谷さんは「『ドリームパレード』の歌詞にもありますが「ずっと前から憧れていた場所に今立つのさ」とあるように、今までがんばってきてよかったなと思っています。来年、再来年はもっと大きな世界が見れるんじゃないかとワクドキしています!」と、続けて茜屋さんも『ドリームパレード』の歌詞を改めて心に思い浮かべながら「やってきたことが無駄じゃなかったんだと実感しました。これからも、もっとたくさんの愛やキラキラを届けていきたいです」とこれまでを振り返りつつコメントした。

芹澤さんは「i☆Risのメンバー6人がいたからここまで来られたと思っています。そんなi☆RisでZepp東京という素敵なステージに立てて嬉しいです。もっと上のステージを目指してこれからがんばっていきたいです」とメンバーやお客さんへの感謝のコメント、最後にリーダーの山北さんから「小さいころからアーティストのライブ映像を見るのが好きで、憧れの方々が立っていたステージにこうやって立てて、アーティストになれたのかなって思います。2年半経って、これからi☆Risが大きくなっていくにはみんなの力が必要だと思います。ここまではみんなのパワーをもらってなんとか来られたので、これからはみんなと肩を並べていけるようにがんばっていきます」と、これからの意気込みを語った。そして、『ayatsunagi』、i☆Risのデビュー曲である『Color』を披露して大盛況のライブは幕を閉じた。

アイドルとして、また、声優としても着実に活動の幅を広げているi☆Ris。今回のツアーを糧に、さらなる飛躍を遂げていきそうだ。

i☆Ris リリース情報

■i☆Ris 1stアルバム「We are i☆Ris!!!」発売中

■7月8日(水)9thシングル「ドリームパレード」発売

■i☆Ris 結成3周年記念イベント 開催決定!!
日程:7月25日(土)
時間:
開場13:30/開演14:00
開場18:30/開演19:00
会場:竹芝ニューピアホール
チケット料金:全席指定 4,860円(税込)
※小学生以上有料。未就学児童は入場不可。

【i☆Ris公式HP】http://iris.dive2ent.com/
【i☆Ris公式Twitter】 @iris_official_
【facebook】 http://www.facebook.com/iris.dive2.official[リンク]
【OFFICIAL BLOG】 http://ameblo.jp/iris-official-blog/[リンク]

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP