ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アップル、iTunes Radioで有名アーティスト起用へ交渉か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

アップルの音楽ストリーミング「iTunes Radio」、次のDJはファレルやドレイク、デヴィッド・ゲッタかもしれない…?

アップルは、ヒップホップアーティストのファレル・ウィリアムスやドレイク、EDMプロデューサーのデヴィッド・ゲッタといった有名アーティストを、自社が展開している無料の音楽ストリーミングサービス「iTunes Radio」に起用するための交渉を進めていると、ニューヨーク・ポストが伝えています。

またアップルは、開始が噂される定額制音楽ストリーミングサービス「Apple Music」のローンチに向けて、3カ月の無料トライアルを提供するため各レコード会社とライセンス契約の交渉を進めているとレポートは伝えています。

アップルは今月8日に始まる開発者向けカンファレンス「WWDC 2015」で、新しい定額制音楽ストリーミングサービスのお披露目と、改良されたiTunes Radioの発表を行うと言われています。

iTunes Radioは、好きなアルバムやアーティストから自動で曲をレコメンドしてくれる、無料のパーソナライズド・ラジオサービスで、2013年に開始しました。未だに日本未提供のサービスで、現在はアメリカとオーストラリアのみで提供されています。

また新しい定額制サービスは、月額10ドルのサブスクリプション型サービスで、iTunes RadioやiTunesストアと連携して音楽を楽しめると噂されています。音楽ダウンロードの売上が低下し始めた音楽産業において、アップルの音楽ビジネスのカギとなるはずの定額制サービスですが、SpotifyやDeezerといった先行する数多くのサービスの直接的な競争相手になると見られています。アップルは、より多くのユーザーを有料サービスに獲得するために、異例となる長期の無料トライアル期間を提供するほかに、有名アーティストの起用、人気のラジオDJを採用するなど、「テイストメーカー」によるキュレーションで、コンテンツに差別化をもたせようとしているように考えられます。

【アップルの関連ニュースはこちら】

アップルの噂される定額制音楽配信のサービス名は「Apple Music」か?

アップル、英BBCから看板ラジオDJ、Zane Loweを引き抜く

アップルの新型定額制音楽ストリーミング、6月のWWDC発表の可能性が浮上。Beats MusicとiTunes連携、Androidアプリも提供

■記事元http://jaykogami.com/2015/06/11480.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP