ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テンションは自分でアゲる。毎日のプチマンネリを打破

DATE:
  • ガジェット通信を≫


なんとなく毎日にときめきが足りない…。なにげなく毎日をすごしているけど、本当はもっと充実させてたいと感じている人もいるのではないでしょうか。
そんなときは、自分自身で毎日のテンションが上がるようにコントロールしましょう。

おいしいものは「お初」なものを求める

話題のスイーツや日本初上陸メニュー、B級グルメなど…なんでもいいので、自分にとって「お初」なものに挑戦してみましょう。
美味しいものは、心を満たしてくれますし、はじめての経験に対しては誰しも気持ちが高まります。せっかくなら新しくできた友だちや彼を、自分から誘ってみましょう。

雰囲気がいいところに足を運ぶ

自分へのご褒美や自己投資のつもりで、いつもよりも少しランクの高いエステサロンやネイルサロンに行くのもひとつの手。洗練された雰囲気のなかに身を置くと、美への意識もさらに高まります。
「こんな人になりたい」、「素敵な雰囲気の空間に似合う自分になりたい」など行ったことをきっかけに、ダイエットやスキンケアに目覚めるかもしれません。

非日常なシチュエーションは自分で見つける

非日常的な刺激は、テンションを上げる大切な要素。毎日がつまらないと感じたら、宝塚やミュージカルなど妄想を掻き立てられるような美しいものを観劇するのがおすすめです。
現実逃避ではないけれど、ネットやテレビとは違ったリアルな刺激を受けることができますよ。
マンネリは、同じ環境にずっといることで感じる「慣れ」から来ることが多いのです。現状を打破するためには、まずは自分が動いてみること!
sad girl image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
あくまで自然な笑顔で。モデル直伝のセルフィーテク
同性をイラつかせるSNS投稿は、写真より「キャプションの内容」が問題だった
モデル級の洗練度。#ootdをセンスよく撮るコツ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP