体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第1回:森の図書室 森俊介さん(前編)

生活・趣味
第1回:森の図書室 森俊介さん(前編)

 本と人を繋ぐ人、本を通して人と人を繋げる人。新たな人と本の関係を造り出してしている方々にお話を聞く連載です。第1回は「森の図書室」の森俊介さんに会いに行ってきました。

森の図書室は、「渋谷に、本と人がつながる場所」を作るためにオープンしました。本が読めて、借りられて、お酒が飲めて、語り合える。深夜まで営業の今までにない読書空間です。渋谷の道玄坂を駅から約7分上がっていくと、ビルの3階に、周囲の雑踏が嘘のような居心地のよいスペースが用意されています。

 取材スタッフは、半年ぶりにお会いした森さんのぐっと引き締まって精悍なスポーツマン然とした雰囲気にまずはビックリ。ジムのトレーニングにより3ヶ月でなんと20キロも痩せたそう。「健康な身体になって集中力を高めたかったから。」とのことですが、思い立ったらすぐに集中して目的を達成してしまう森さん。仕事と同様、相変わらず凄い行動力です。

vol01_04.jpg

書店ではなく「図書室」にしたこだわり

――まず、どうして書店でなく「図書室」という形態にしたのですか。

 本をあまり読まない人にとって本を買う値段って高いなって思ったのが一番大きな理由です。普段あまり本を買わない人にとって、文庫ならまだしも、1000円とか2000円といった値段の本ってなかなか手を出しづらいのかなと。それだったら、あの本読みたいのだけど、行ったら無料で借りられるというほうが、本を手に取ってもらうにはいいのかなと考えたのが一番大きな理由です。

――リクルートに勤務していた時から、本に関わる仕事で起業しようと考えていたのですか。

それは思ってないですね。就職で出版社を訪問した時も自分には向かないなと思って受けなかったくらいですし。本はあくまで趣味として。単に読んでいて楽しかった。

リクルート時代はホットペッパーの営業をしていたのですが、独立するにあたって、飲食関係の知識はありました。それでお店をやるつもりで物件を探していたのですが、この場所を見たときに「あ、これは図書室に向いているな。」と思ったのです。実は中学校のときに私設図書館の人の本を読んで、それまで図書館とかはパブリックなものだと思っていたので、個人で図書館を運営できるんだと驚き、将来老後とかに自分もやれたらいいなと漠然と憧れていたということもありました。

――そこで資金集めを始められたわけですが、にどうしてクラウド・ファウンディングという手法を選んだのですか。

 一番大きな理由はお金がかからないからですね(笑)。
というのも、リクルート時代に営業をしていて感じていたのですが、webに広告等で情報を乗せるというのは、結構お金がかかる。クラウド・ファウンディングなら登録だけなら無料なのでやってみようかな、と思ったのです。

――どうしてここまで注目を集めたのでしょうか。

1 2 3次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会