ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レストランのお皿の上がスクリーンに!?「料理を待っている間も、退屈しない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

注文を頼んでから、料理が運ばれてくるまでのちょっとした時間。こちらのお店では、3Dプロジェクションマッピングを使ってお皿の上に映し出されたエンターテインメントを楽しむことができるようです。

テーブルに座ると、小さな穴から妖精のようなシェフが現れ、お皿の上で調理開始。まずはお肉を焼いてくれます。

ポテトや人参を掘りおこして、お皿へ投入。

みんな、食い入るように見入っています。焼き加減もバッチリ!と思いきや…アクシデントも!

シェフの身体にも火が移ってしまい、よろけながらも出てきた穴へと帰っていきます。そうこうしているうちに、後ろから本物の料理が運ばれてきました。

このプロジェクトは、ドイツの3Dプロジェクションマッピング製作チーム「Skullmapping」によるもの。公式ホームページではイベントでの使用などについて受付も行っているようです。

気づいた人もいるかもしれませんが、右に置いてあったナイフは本物。演出も粋です。冒頭では投影されたフォークを触って確かめちゃう場面もありました。

レストランのお皿の上が、まるで小さな映画館のようになってしまう素敵な試み。家族連れでも、お子さんが退屈せずに済みそうだし、デートでも楽しめそうですね。

Licensed material used with permission by Skullmapping

関連記事リンク(外部サイト)

ついに今夜、発表!「Apple Watch」に「MacBook Air」、一体何が出るの?
怖すぎ!人間の本質が、暴かれる「5つの心理実験」
ペットボトルなんて古い?そのままで持ち運べる「水」がでた!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP