ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イルカ漁反対派の主張 極めて独善的な価値観の押し付けだ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「(和歌山県)太地町で捕獲されたイルカの入手をやめよ」という世界動物園水族館協会(WAZA)の要求を日本動物園水族館協会(JAZA)が受け入れた。欧米のイルカ漁反対派は「日本のイルカ漁は野蛮」と主張する。

 WAZAへの「残留」という結果を受けて、JAZAからの脱退を検討する水族館も現われている。イルカ追い込み漁の地元・和歌山県太地町でも、漁業組合関係者らが一様に「納得がいかない」と反発した。
 
 イルカ漁反対派の主張は、「頭がいいから獲ってはならない」「かわいいイルカを殺すなんてかわいそう」という感情の押しつけでしかない。科学的な論拠でも法律やルールといった共通基準でもなく、極めて独善的な価値観の押し付けだ。
 
 ならば、「頭の悪い」動物はどうなってもいいのか。「かわいい」「かわいくない」の基準は誰が決めるのか。「かわいく」なければ殺していいのか。そう言い返したくもなる。

※週刊ポスト2015年6月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本のイルカ漁非難のWAZA 太地のイルカ輸入国も除名すべき
イルカ輸出もする太地町 人に慣れさせる訓練技術は世界唯一
水族館の動物のお値段 ペンギン=1200万円、シャチ=1億円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP