ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏の脱水症状予防に! 毎日の水分摂取量を計測できるウォーターボトルがスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これから夏本番になると、心配なのが脱水症状。

気づかないうちに症状が深刻化することも多く、ここ日本でも毎年多数が病院に搬送されている。

そんな脱水症状を予防してくれる、賢いウォーターボトルが開発された。

・スマホと連携し、水分摂取量を表示

「HidrateMe Smart Water Bottle」は、スマートフォンと連携し、毎日の水分摂取量を計測してくれるウォーターボトル。

ボトルの内部には水分量を自動計測するセンサーがついており、どれくらい水を飲んだのかが一目瞭然!

・各自の体型や気温に合わせて目標値を設定

また、無料アプリに性別や身長、体重、運動量などを登録すれば、あなたが毎日どのくらい水を飲むべきか、目標値を設定してくれる。

目標値は気温や湿度によっても変わり、急な環境変化にも対応できる仕組み。

飲み忘れ防止機能も

さらに忙しくしていると、つい水を飲み忘れてしまうことがあるが、そんなときはアプリから通知が!

毎日の達成率もアプリで確認することができるので、適量の水を飲む習慣が自然と身につきそうだ。

・シンプルデザイン&選べるカラー

「HidrateMe Smart Water Bottle」は容量710 mlで、カラーは、アイスバーグホワイト、バンブーグリーン、クリスタルピンクなど全5色。

シンプルなデザインで、オフィスや休日の外出時など、毎日愛用できそうだ。

現在クラウドファンディングのKickstarterにて7月14日まで出資受け付け中で、早くも目標額をクリアしている。

今なら39ドル(約4800円)で製品1つを贈呈してもらえるプランが一番リーズナブルだ。

発送は2015年12月を予定しており、残念ながら今年の夏には間に合わないが、年々厳しくなる暑さに備え、今から出資してみては?

Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/582920317/hidrateme-smart-water-bottle

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP