体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「難民なんてクズだ」信じられないメッセージの、裏側にあったのは・・・

スクリーンショット 2015-06-02 19.58.13

オーストラリア・シドニーのタウンホール駅前通りで、ある社会実験が行われました。男性が肩から掛けている看板には「REFUGEES ARE SCUM (難民なんてクズだ!)」の文字。いったい彼の目的は何?

スクリーンショット 2015-06-02 19.54.53

ビラを手渡そうとする彼、これには通行人も思わず「なんて人なの?」「本気で言っているの?」「お前がクズだよ!」。

スクリーンショット 2015-06-02 19.55.33

正気を疑う彼の行動に、明らかに嫌悪感を露にするオージーたち。

スクリーンショット 2015-06-03 1.48.08

青いシャツの男性、彼の様子が気にはなるものの、そのまま通り過ぎる。かと思いきや…、

スクリーンショット 2015-06-02 19.56.09

思いとどまり、きびすを返して彼のもとへ。そして…

スクリーンショット 2015-06-02 19.56.41

強引に彼の胸元に下げたボードを取り上げてしまいました!去り際には「ふざけるな」の捨て台詞。

スクリーンショット 2015-06-02 19.57.09

当然と言えばそれまでですが、難民を卑下するこのサインボードには、多くの通行人が嫌悪感を露にし、罵声を浴びせたりサインボードを取り上げるなど、一様に不快感を行動で表わしました。

しかし、本当の実験はここからです。
看板のメッセージを「HELP REFUGESS(難民を助けよう)」に変たとたん…。

スクリーンショット 2015-06-02 19.57.42
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy