ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おにぎらず人気の背景に「見た目綺麗でシェアしやすい」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「にぎらない」おにぎりとして話題の「おにぎらず」。漫画『クッキングパパ』(講談社)でレシピが紹介されて以降、「クックパッド」などで多数オリジナルレシピが投稿されるなど大人気となっている。

 作り方は簡単。ラップの上にのりを乗せて、真ん中にご飯を平たく乗せ、さらに具材をのせて、のりの四隅を折って四角にするだけ。海苔とご飯で具材を包むという点ではおにぎりと一緒だが、通常のおにぎりのように三角形に握る必要がないため、より手軽に作ることができる点が最大の魅力といわれるが、それだけではない。

 現在、おにぎらずにハマっているという女性Aさん(50歳)は、こう語る。

「ある主婦の方のブログで紹介されていて、自分も作り始めたのがきっかけです。もともとおにぎりを綺麗な三角形に握ることが苦手だったので、『これは私にぴったりだ』と思いました。おにぎらずは断面が綺麗なので、ネットでシェアされやすいのでしょうね。

 この手軽さに加えて、好きな具材を何種類も入れられるのがうれしい。おにぎりではここまで詰め込めませんね。家族に朝食を作るときも、おかずをバラバラに出すより『おにぎらず』にした方が喜んでもらえるし、前日のおかずの残りを温めて詰め込むだけで簡単に朝食ができてしまいます」(Aさん)

 また別の女性・Bさん(26歳・会社員)も、おにぎらずにハマっている一人だ。

「これまで会社にお弁当を持っていくのが面倒で、コンビニご飯でお昼を済ませていましたが、おにぎらずなら朝でも簡単に作って持参できますし、お弁当にぴったりで経済的。私のオススメの具材は、市販の小分けされているクリームチーズ、塩昆布、卵一つで作った卵焼き、シャケのフレーク、海苔ペーストを一緒に入られたもの。綺麗に並べれば断面も美しいし、やみつきになりますよ」(Bさん)

 おにぎりよりも手軽さに作れるうえに、バリエーションも豊富なおにぎらず。今後もネットを中心にその魅力が拡散していけば、ますますファンが増えていくだろう。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
京都のおにぎり専門店「煮玉子・牛しぐれ煮入り」が大ヒット
弥生時代の日本一古いおにぎりの化石 当時のおにぎりは三角
手が汚れず簡単とネットで話題の「おにぎらず」作り方を紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。