ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

開発が進む「4Dプリンター」って、何ができるの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モノだけでなく、ウイルスや臓器まで作ることができるバイオプリンティング技術など。いまや3Dプリンターは、幅広い分野で利用されるようになった。

ところで、3Dプリンターをさらに進化させた「4Dプリンター」をご存知だろうか? そこからプリントアウトされたものは、自律運動する機能を持つという。

オーストラリアのウーロンゴン大学によって開発された新型の4Dプリンターでは、熱などの外的要因によって変形する物質を出力することができるという。じつは、4Dプリンター自体はこれまでも存在していたが、動きの限界や脆さが懸念されていた。

しかし、新たな発表された装置では、動きを与えるだけでなく、物質そのものの形を変えることができる。これにより、ソフトロボティクスと呼ばれている新しい分野でも大きな期待が寄せられている。簡単にいえば、人工筋肉など柔らかいロボットを印刷できるということだ。

Reference:American Chemical Society

可変式の物質の技術開発がさらに進めば、天候に応じて自動で姿を変えるスポーツカーのリヤウイングや周辺環境に合わせてカモフラージュする軍用スーツなど、そこから生まれたアイテム自体も進化する。

Reference:Dezeen

洋服に限って想像を膨らませれば、スーパーヒーローの変身シーンのように、着用している衣服を目的によって変化させることができる…なんてことも可能だろう。

とはいえ、4Dプリンターもソフトロボティクスもまだまだ研究がはじまったばかりの分野。いずれにせよ、今後の発展が楽しみだ。

Reference:American Chemical Society , Dezeen
Licensed material used with permission by University of Wollongong

関連記事リンク(外部サイト)

Wi-Fi・録画機能付き「人口眼球」で、視界をシェア!?
本物のアイアンマンが、腕のない子供に「鋼鉄の義手」をプレゼント!
【24時間以内に10軒】3Dプリンターで作る「家」が、中国に登場!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP