体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

誰もが大人へと成長していく・・・。米女性ライターが初恋から学んだコト

150529_girl-later

初恋は、どんなに時間が経っても美しく、ちょっぴり辛い思い出。そんな誰にでもある淡い記憶を「Elite Daily」の女性ライターSheena Sharma 氏が記事にしています。失敗から学ぶのは、なにもビジネスやスポーツだけじゃありません。恋愛だって同じです。

shutterstock_208674217

初恋のことは、今でもはっきり憶えています。一緒に素晴らしい時間を過ごし、お互いたくさん成長しました。でも、私たち二人は若くて無鉄砲で…それが最大の過ちでもあったのです。

恋が終わった後のあの無力感。当時は「絶望」という言葉だけでは説明しきれませんでした。ただ、今になってようやく、その結末は彼の、そして私の「若さ」と「愚かさ」が原因だったのではないかと思うようになってきたのです。

「本当はもっと同じ時間を過ごすことができたはずなのに…」。今、大人になって成熟した私は、当時の自分に腹を立てたりするようなことはありません。若すぎた私たちには、最初っから未来を見越す目など持ってなかったんです。人生のなかで恋愛を繰り返し、様々な経験を通して、愛することをもっと深めていくんだと思います。私がそう考える理由がこれです。

数字では決して
表せないコト

shutterstock_92779615

青年はたった一人の女性ではなく、多くの女の子を求めるもの。どうしても欲望に支配され、目の前にあるスリルと自己満足を追いかけてしまいがちだから。それこそが、あたかも揺るぎない関係を作るものだと信じ込んでしまうのです。
しかし、年齢を重ねていくとともに、男らしさとは「数字で表せない」ということに気づきます。言葉や態度、守るべき存在への揺るぎない献身を学び、誰もが青年から大人の男へと成長していくのです。

幼い頃の冒険のように…

shutterstock_58171174

子どものころ、とにかく刺激とスリルを求めて、毎日を過ごしてきたはずです。未開へと一歩踏み出すたびに、あなたの周りには驚きと発見の連続があったはず。それはまさに子どもながらの大冒険。成長しても、冒険がどれほど人生に刺激と感動を与えるかは言うまでもありませんね。ワクワクすることは、切っても切れない関係を見つけることでもあります。
つまりは“絆”を築き上げることなのです。冒険へと一緒に踏み出すことで、彼女の気持ちが手に取るように分かってきたり、笑顔だけでも幸せに過ごせることが分かるはずです。

大切なのは
目に見えない奥深さ

shutterstock_117708292
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy