ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セクシーな「ボール型ライト」で、夜のツーリングも安心!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

開発者自身「最低だけど最高の自転車用品」と評価する、インパクトの強いライトがこちら。実際につけて走るのは、ちょっと勇気がいるかもしれません。でも、ドライバーからは断然見えやすそうだし、笑っちゃうけど、きっと安全性も高い…、はず。

Bike Balls Bicycle Light」は、もともと開発者の自転車のLEDライトが取れそうになって、ぶら下がっている様子を見て思いついたものだそう。ジョークみたいだけど、至ってマジメです。

シリコン製の容器の中にLEDが入っており、ランダムに揺れることによって見た人の関心を引きます。確かに固定されたライトよりも目をひくことは間違いありません。

コイン電池式で、振動にもちゃんと耐えられる仕組み。明かりは、点いたまま・早い点滅・遅い点滅の3種類。スイッチの切り替えは、ギュッと握ればOK♡

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達中の製品ですが、あまりの人気にすでに目標額の約7倍という金額に達しています。日本から購入するには、1つ送料込みで25ドル(約3,000円)かかりますが、お気に入りの自転車に、何かアクセントを付けたい人には、もってこいのアイテムと言えそうです。

Licensed material used with permission by Bike Balls Bicycle Light

関連記事リンク(外部サイト)

スマホの充電時間が「半分」になる、USBケーブルが登場!
【時速50km出る!?】「ソーラー充電」できる電気自転車が登場「機能もデザインもイケてる」
【最大時速45km】お気に入りの自転車が「電動自転車」になる小型パーツが出た!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP