ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グルメの街、メルボルンの台所・クイーンヴィクトリアマーケットに行ってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


オーストラリア第二の都市、メルボルンは、世界で最も位しやすい都市の1位になんども輝いている住みやすい街ですが、実はグルメな街としても知られています。

そんなメルボルンの食文化を支えているのは、街にいくつもあるマーケット。その中でも代表的な市場で、南半球最大の規模を誇る、クイーンヴィクトリアマーケットに行ってみました。

「ヴィック・マーケット」や「クイーン・ヴィック」と呼ばれ地元の人に親しまれているこの市場は、市街地の中にあります。1878年にできたという歴史あるこの市場は、実は元々墓地だったところに建てられているというちょっと怖い(?)いわれのあるマーケットなんだとか。

今ではそんな名残もなく、明るく活気あふれる雰囲気です。

地元オーストラリア産の新鮮な野菜から、海産物、世界中のグルメな食材までそろい、地元のレストランのシェフたちも具材を求めて訪れるそうです。また食材だけでなく、ファッション雑貨や工芸品、ちょっとしたお土産品まであり、何時間いても飽きないほど。

あまりに広いので、ガイド付きのツアーまであるそうです。

旅行中に外食に飽きたら、スーパーマーケットで買うより安く新鮮なフルーツ等も買えるので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

月・水を除いて毎日午後まで開いていますが、一番マーケットが活気づく午前中に訪れるのがオススメです。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP