ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノンスタ井上が滝口ひかりの携帯番号をゲット ソネット新MVNOサービスのプレゼンバトルでまさかの結果

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 赤坂ガーデンシティで6月1日、「一番好感度が上がるのは誰だ?スマートプレゼンテーションバトル presented by So-net」が開催された。

ソネットのLTE通信サービス「PLAY SIM」と、ソニーモバイルコミュニケーションズが提供するXperiaスマートフォン「Xperia J1 Compact」を組み合わせた新MVNOサービス「LTE SIM+Xperiaセット」。このサービスの魅力を伝えるべく、「好感度を上げたい芸人」の品川祐(品川庄司)、堤下敦(インパルス)、井上裕介(NON STYLE)の3人がプレゼンバトルで競い合った。

勝者にはプレゼン審査員で、「2000年に1人の美少女」として話題のアイドル・滝口ひかり(DROP)の連絡先と秘蔵写真が入ったXperia J1 CompactとPLAY SIMのセットが贈呈されることもあり、イベントは熱のこもったプレゼンのぶつかり合いとなった。

 トップバッターの堤下のプレゼンテーマは、「今もっとも安心な選択」。ソネットの展開するMVMO(Mobile Virtual Network Operator)とは何なのかを皮切りに、低価格であることや、番号やアプリケーションの変更の必要が無いこと、通信なども大手キャリアと損即なく利用出来ることをアピールし、「(携帯を)変えない理由がございません」と力説した。

 2番手の品川は「今もっともデキる選択」というテーマのもと、「映画監督」、「芸人」、「父」という3つの視点から、ネットワークの快適さや防水・防塵によるタフさ、高画質カメラなどの特徴をアピール。プレゼン後のトークでは、滝口の父が自分と同じ年と知り、ショックを受けるというシーンも。

 トリを飾った井上は、登場シーンからポーズを決めるなどノリノリの様子。プレゼンもナルシストキャラの井上らしく「今もっともモテる選択」をテーマに、「浮いたお金で彼女にごちそうできる」、「おサイフケータイで支払いをすませ、スマートでかっこいい男を演出する」など、シチュエーションのとともにサービスのメリットを紹介。プレゼン終盤には「女性は自分にしか見せない表情に弱い」という主張から、風呂場などでの自撮り写真を披露し、会場の笑いを誘った。

 プレゼン後、滝口が発表した勝者はまさかの井上。選考の理由は「自撮りが恥ずかしくてできないんですが、井上さんのプレゼンを見てやってみたいと思った」とのこと。井上は「実用的な使い方をプレゼンしたのがよかったのかな!」「本当に良いモノなので、新しいものに変える勇気を持ってもらいたい」と大真面目に語り、笑いとマジを交えたプレゼンバトルは幕を閉じた。人と人をつなげるスマホでアイドルと芸人もつながるとは……ここから恋へ発展することもある?

【関連リンク】
So-net
http://lte.so-net.ne.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP