ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

U2のボノ、LAのレストランで会計の10倍近いチップをウェイトレスに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 U2のボノが5月30日の夜、夜食にとロサンゼルスにある有名レストラン“Canters Deli”を訪れ、会計の10倍近い額のチップを置いていったそうだ。

 ある関係者によると、ボノは店員に食べるものを選んでくれるよう頼んだとのこと。すると女性ウェイトレスは、コーンビーフのサンドウィッチやポテトとオニオンリングのフライなど、ユダヤ・スタイルの典型的な惣菜料理を選び、デザートにとチョコレートのルガラーをオマケで付けたという。

 するとボノは、トータルで20ドル(約2,500円)に満たない額だったにも関わらず、同ウェイトレスに150ドル(約19,000円)のチップを置いていったとのことだ。

 Cantersはその後、U2のウェブサイト上で挨拶し、そこには「U2のロサンゼルス愛が示されたのでしょう。都心部から山間部、峡谷部までL.A.全体への。そうであると思ってます」と記されていた。

 U2のLAフォーラム公演は6月3日まで続く。

関連記事リンク(外部サイト)

エド・シーラン、コンサートで新曲サプライズ披露
Album Review: ジェイソン・デルーロ流、ヒップ・ポップ・マナーに則った4th
ミューズ、最新作『ドローンズ』まで全キャリアにインタビューと企画で迫るムック本が6/8発売

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP