ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高知出身19歳の超絶無名ガールズバンド sympathy ビクター新レーベルよりデビュー決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 メンバー全員19歳、昨年春に高知市の高校を卒業したばかりの4人組超絶無名ガールズバンド sympathyが、ビクターエンタテインメントの新レーベル CONNECTONEと契約し、7月15日にミニアルバム『トランス状態』をリリースする事が発表された。

 10代女子のフレッシュさが爆発しているミニアルバム『トランス状態』は、驚異的なスピードで進化し続ける4人の現在を刻んだ6曲が収録される。柴田(vo,g)の個性際立つボーカルに、様々なSNSを駆使しメンバー全員で書き上げたという歌詞、そしてドライヴしまくるバンドアンサンブルが心地よい作品だ。

 同レーベルと契約することになったきっかけは、昨年夏に初めて(現時点では唯一)東京のライブハウスに出演した際、たまたま別のバンドを観に来ていた現所属事務所の社長がsympathyのステージに衝撃を受けたのが始まり。会場で入手したミニアルバム『カーテンコールの街』で圧倒的な才能を確信し、音源を紹介されたレーベル CONNECTONEは何とライブを観ずに契約と、たった1回の東京進出でデビューをモノにしてしまったのだ。

 全国的には全く無名の女の子4人組がいきなり手にしたシンデレラ・ストーリーに、是非注目してほしい。

◎ミニアルバム『トランス状態』
2015/7/15 RELEASE
NCS-10097 1,800円(税抜)
収録曲:
1.女子高生やめたい
2.さよなら王子様 (アルバム・リード曲)
3.紅茶
4.有楽町線
5.泣いちゃった
6.あの娘のプラネタリウム

関連記事リンク(外部サイト)

FM802「ROCK KIDS802」にてLiSAをフィーチャー!ユニゾン田淵をゲストに迎えての公開収録も
SiM 新Sg『ANGELS and DEViLS』×主催フェス【DEAD POP FESTiVAL2015】コラボ商品限定200セットで販売決定
ビルボード週間シングルはAKB48が2週連続1位、星野源以降TOP5はすべて男性アーティストに

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP