ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ときには疑うことも必要。男性が本気でないときに発する要注意ワード

DATE:
  • ガジェット通信を≫


男性の言葉に騙されてはいけない。あなたを思いやっているような優しい言葉や、謙虚に聞こえる言葉を、遊び慣れている男性はうまく操ります
「そういう意味だったんだ…」と後悔しないために、真剣ではない男性がよく言う要注意ワードを知っておきましょう。

忙しくてあんまり会えないけどいい?

このように最初に言われると、「先に伝えてくれる誠実な男性」と思うかもしれませんが、あなたの優先順位が低いのをごまかすために言う人もいます。
見極めるには、何に忙しくしているのかということ。たとえば仕事が忙しくても、友人と出かけていたり、趣味に費やす時間を確保しているようであれば、忙しいことは本当かもしれませんが、あなたのことを二の次にされているおそれが。

自分からグイグイいけないんだ…

「シャイなんだ! じゃぁ自分から言わないとこの恋は進まないんだ…」と女性に頑張らせる男性。これは「自分で頑張るほどではないけど、君の頑張り次第で決めるよ」という意味かもしれません。
この場合、あなたが頑張ったからといってつきあえるとは限らないのでご注意を。

女友だちは多いんだよね

女友だちと一口言っても、色んなお友だちがいることだってありますよね。これは、色んな女の子と遊びに行ったり、飲みにいくことに関して縛られたくないという気持ちがあるのかも。
もしあなたを彼女にしたいと思うなら、わざわざ心配させるようなこと言わないですよね。後々責められたときに、「いるって言ったじゃん?」と逃げ道を作っているのです。
「そういうこと!?」とは思わず、注意を払っていない女性はまだまだ多いのではないでしょうか。私も「そうなんだ~」と疑いもなく受け入れていたことがありました。
気になる男性が、これらのワードを言って来たら、その恋は要注意かもしれませんよ。
beautiful young girl image via Shutterstock
(たえなかすず)


(グリッティ)記事関連リンク
いつまでもつきあいたてのラブラブを維持するために、あなたがすぐできること
妄想を駆り立てるのが効果的! 男性をさりげなく誘惑する方法
「普通のカレ」なんていらない。狙い目なオタク男子の意外な魅力

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP