ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本場タイの『ガイトーン』で世界で一番美味しいカオマンガイを食べる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ピンクのカオマンガイ」として知られている食堂『ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム』(以下 ガイトーン)。タイに本店があるカオマンガイ専門店で、最近は東京にも店舗展開し、『ガイトーンTOKYO』をオープンした。

・味付けは極めて繊細
カオマンガイはプリプリでソフトな蒸し鶏をご飯に乗せた料理で、ご飯自体にも鶏肉のエキスがたっぷり染み込んでいるのが特徴。東南アジア料理ではあるが、味付けは極めて繊細。スパイスというより、鶏肉本来の美味しさを引き立てる仕上がりになっている。

・猛暑のなか食べる
本場タイの『ガイトーン』は大きな国道沿いにあり、自動車がひっきりなしに走るなか、オープンテラス(?)のような店舗でカオマンガイを堪能できる。誰一人止まっている店員はおらず、せっせと調理、接客、会計。

行列が出来るほどの人気だが、10分も待てば座れる。季節によっては猛暑のなか食べることになるので、暑さに慣れていない人は水分補給を忘れずに。

・日本人客「日本より美味しい」
テーブルに座ってから店員に注文するのだが、今回はカオマンガイと蒸し鶏の単品を注文。待ち時間、じっくり客席を見渡すと、女性の日本人客がけっこう多い。

すでに食べている日本人は「日本のカオマンガイよりも美味い!!」と話していた。なるほど、それは期待できそうだ。

・濃縮された鶏肉の旨味
テーブルにやってきたカオマンガイは、予想以上にツヤツヤプルプル。優しい味付けでありながら、漂う香りは濃厚。

濃縮された鶏肉の旨味が嗅覚からも感じられるとは、日本では体験できない「本場の魅力」である。

・まったく脂っこくない
食べて驚いたのが、蒸し鶏はもちろんのこと、ご飯の美味しさである。まさに鶏肉エキスがギュギュっと染みこんだテイストで、ご飯を食べるたびに鶏が口の中で羽ばたく!

濃厚であるにもかかわらず、まったく脂っこくないのも素晴らしい。いくらでも食べられる、いくらでも感動できるカオマンガイがそこにある。

・余計な味がいっさいない
もちろん蒸し鶏もたまらなく絶品で、ふわっとした食感とともに放たれる肉汁が、味覚神経を魅了。余計な味がいっさいなく、鶏肉のソフトな味わいのみ。

そこにあるのは100%ピュアなカオマンガイの美味さなのだ。

・至高のグルメがそこにある
できれば、カオマンガイと一緒に蒸し鶏の単品も注文してほしい。何も気にせず、本場タイの蒸し鶏をとことん楽しめる至高のグルメがそこにある。

ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム
住所: 962 Phetchaburi Rd, Khwaeng Makkasan, Khet Ratchathewi Thailand
時間: 5:30-14:30 17:00-28:00
休日: 無休

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/06/02/go-ang-pratunam/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP