ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「育児休暇」の呼称に子育て世代が反発 「休めないのになんで?」「育児休業と正しく呼んで」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「育児休暇」の呼称に子育て世代が反発 「休めないのになんで?」「育児休業と正しく呼んで」

父親や母親が育児に専念するために、会社に申請して取得する「育児休業」。仕事をしている同僚からすると「休めていいな」と思うかもしれないが、実際には睡眠もままならない24時間体制の「子育てブラック労働」であることも少なくない。

特に現役の子育て世代の中には、メディアが安易に「育児休暇」といった呼称を使うことに不満を抱く人たちがいるようだ。あるツイッターユーザーは、この言葉に「何とかならないもんかと以前から思ってる」と違和感を表した。

「確かに会社を休むということにかわりはないんだけど、子育てに理解のない層はマジで『休むこと』だと思ってるもんなぁ…出社はしないが本人は休んでないという意味では『忌引き』に近いかも」

「24時間仕事状態になるようなもん」と共感の声

議論のきっかけは、スウェーデン政府が2016年から父親が育児休暇で取得できる期間を3か月に増やす方針を発表したというニュース。AFPが配信した記事を時事通信が翻訳して、国内に配信したものと見られる。

これを読んだあるユーザーは、スウェーデン留学中のある経験を思い出した。「産休&育休」を苦し紛れに「rest to take care of baby」と英訳したところ、先生から「restですって?!子供を産むことと育てることがrest?!」と叱られたと明かしている。

なお、元の記事の英文タイトルは「paternity leave」というワードを使っている。「leave」には「離れる」という意味があり、休暇を意味する「rest」や「vacation」のようなニュアンスはない。

そこから冒頭の「子育てに理解のない層はマジで『休むこと』だと思ってる」という投稿につながるのだが、これを見た子育て世代や子育て経験者からは、共感する声があがっている。

「あー実際休暇でもなんでもないもんな。24時間仕事状態になるようなもんだし」
「確かに、『休暇』とかいう名前付けるから、休暇どころか休みなく家事育児してるのに、お前は休みだろ!!なんてことを言われるのかも」

ある女性は育児休業から復職後に、一歳半までの「がっつり育児の日々」よりも「出勤して休憩もある方がずっと休む時間が多いと思ったな」と振り返っている。
つるの剛士さんが取る場合は「育児休暇」

ネットに流通する記事を見ると、「育児休業」と「育児休暇」とは厳密な使い分けをされていない。この2つの言葉の使い分けについて、All Aboutで「男の子育て/ワーク・ライフ・バランス」の項目を執筆する遠藤雅大氏は、次のように説明する。

「育児休業」は法律に基づいて取得することのできる休業制度で、収入減を補う給付制度の利用ができるもの。一方で「育児休暇」とは、育児のために休暇を任意で取得する休みであり、法律の適用外のため権利の保障や給付制度はないもの、ということだ。

解説では、個人事業主のタレントのつるの剛士さんが取る場合は「育児休暇」で、文京区の成沢広修区長が取る場合は「育児休暇」に近いものとなる、と説明されている。

したがって会社員が通常使うべきなのは「育児休業」ということ。ただし、仮に任意で取得するものであっても、子育て中は親への負担が大きいことには変わりがない。想像力を働かせ、「休めていいな」とねたましく思うべきではないだろう。

あわせてよみたい:中国・モソ族は「女性最強国家」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。