ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米ソニーミュージック会長のダグ・モリスが年収24億円でソニーと再契約

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by 洋楽天国

米ソニーミュージック会長のダグ・モリスが年収24億円でソニーと再契約

新聞ニューヨーク・ポストが先週、米ソニーミュージック会長のダグ・モリス(76歳)がソニーと再契約したと伝えた。

関係者の話として、ダグはソニーと2年間の再契約を結び、1年で24億円(1$120円換算)の報酬を受け取ると記事にした。但し20.4億円は保証されていて、残りは会社の業績に連動するという。ダグはソニーに来る前はユニバーサルミュージックの会長を務め、当時の年収は12億円あったそうだ。

またソニー/ATV音楽出版のマーティー・バンディアー(73歳)も再契約し、年収は8.4億円になるという。ニューヨーク・ポストはまた、米ソニー関係者の話として、「金額は正しくない。間違っている。」とも書いた。

ちなみに有価証券報告書によると、2014年3月期のソニー平井一夫社長の年収は3億5920万円だった。

ダグ・モリスは今週金曜日(6月5日)から始まる国際音楽見本市MIDEMで基調講演をする予定。

下の写真は今年のグラミー賞後のパーティーで(業界誌ヒッツより)
左からソニーミュージック会長兼最高経営責任者のダグ・モリス、ソニー/ATV音楽出版会長兼最高経営責任者のマーティー・バンディアー、平井社長、平井夫人、弁護士アレン・グラブマン、グラブマン夫人。

記事提供元

洋楽天国

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP