ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新設の五輪担当大臣 最初の仕事は「プロ野球toto」の創設か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 専任のオリンピック担当大臣が新設される。5月27日、国会で五輪・パラリンピック特別措置法が可決され、2020年の東京五輪に向けて閣僚の定員が1人増えることになる。
 
 6月中に任命される見込みの新大臣の最有力候補は遠藤利明・元文部科学副大臣だ。超党派のスポーツ議連(会長は麻生太郎・副総理)に所属する遠藤氏について、自民党文教族議員が語る。
 
「彼に課された最初の仕事は、『プロ野球toto』の創設だ。サッカーだけが対象だったスポーツくじにプロ野球を加え、売り上げを伸ばす。それが東京五輪予算の拡充につながる」
 
 Jリーグの試合などを対象としたサッカーくじは2001年にスタートし、独立行政法人・日本スポーツ振興センターが運営する。13試合の結果を予測する「toto」や3試合の得点を予測する「toto GOAL3」など7種類のくじが販売され、年間1000億円を超える売り上げがある。売り上げのうち、当せん金に充てられるのは半分で、残りが施設整備費、地方自治体や各種競技団体への助成金などに分配される。
 
 今年4月、スポーツ議連内で、スポーツくじの制度改革を検討するプロジェクトチーム(PT)が立ち上げられた。その座長が五輪担当大臣最有力の遠藤氏だ。議連メンバーはこういう。
 
「PTの目標は対象をサッカー以外に拡大することにある。4月14日の会合では拡大対象は『プロ野球』を軸に検討することが決まった。遠藤座長は会合の後、『日本野球機構(NPB)や日本プロ野球選手会などとも連絡を取っていきたい』と話していた」
 
 対象にプロ野球を含めるには法律(スポーツ振興投票の実施等に関する法律)の改正が必要となる。同議連は議員立法で改正案を提出する構えだ。
 
「与野党対決の構図にして長引かせないために、超党派の議連がイニシアチブを取る。今国会で成立させれば、来年4月の開幕と同時に導入できる。国民的人気でサッカーを大きく上回るプロ野球が対象になれば、市場は大きく広がる」(同前)
 
 PT座長である遠藤氏の大臣就任が追い風になると盛り上がっている。

※週刊ポスト2015年6月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【日韓比較・スポーツ編】メダル数、歴代メジャーリーガー数他
サッカーで活躍高木三兄弟 父・高木豊は野球強要しなかった
二宮清純氏が「アマ・プロ問わず全野球人必読」と絶賛する本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP