ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【必見】プロフィール写真の印象を一気に良くする科学的な7つのコツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

第一印象の心理研究で有名なアレクサンダー・トドロフ博士が、「イメージがいいプロフィール写真を撮るコツ」について調べたデータ(英文)がおもしろいのでメモしときます。この実験は、同じ人物の顔写真をさまざまなパターンで撮り、参加者たちに印象の良さを採点してもらったもの。

・プロフィール写真のダメージは大
なんでも、ヒトの第一印象はおよそ40ミリ秒で決まっちゃううえに、その印象はなかなか変わらないなんだそうで、粗悪なプロフィール写真のダメージを回復するのは大変みたい。プロフィール写真の良し悪しを決めるポイントは以下の7つです。

・プロフィール写真の印象を一気に良くする科学的な7つのコツ
1. 目を隠さない
目に髪がかぶさっていたり、強い光があたっていたり、影に隠れていると、能力が低くて自信がなさげに見えちゃう。特にサングラスは絶対にNGで、もっとも魅力のスコアが下がったとか

2. アゴのラインを強調する
アゴの下に影がクッキリと見えていると、魅力度、能力度、自信度のすべてのスコアが上がったそうな。

3. 歯を見せて微笑む
笑顔はプロフィール写真の基本ですが、口を閉じた状態で微笑んでもあまり意味がなく、少し歯を見せるだけで、一気に魅力度、能力度、自信度のすべてがアップするらしい。また、大笑いすると魅力度は大幅に上がるものの、能力度と自信度が下がっちゃうとか。

4. 衣装はフォーマルに
ダークカラーのスーツに明るい色のボタンダウンシャツの組み合わせが最強とのこと。

5. 写すのは頭から肩まで
顔のアップや全身を写した写真は、魅力度、能力度、自信度のすべてのスコアが下がっちゃう。ベストは頭から顔までの範囲で、腰から下が写るとよろしくないとのこと。

6. 背景は明るく
ダークな背景よりも明るめのほうが魅力度は上がる。とくにオレンジの背景がベストとのこと。

7. 軽く目を細める
目を大きく見せようとして、まぶたを開きまくって写真に写る人がいますが、あれは完全にNG。大きな目は恐怖心をあおり、不安な印象をあたえちゃう。逆に、軽く目を細めると自信があるように見え、相手にもくつろいだ印象を与えられるそうな。

といっても、クリント・イーストウッドぐらい目を細めちゃうと渋すぎなんで、具体的には以下の写真のような感じ。確かにだいぶ印象が変わりますね。

https://youtu.be/AV7U5VB8AZs

執筆: Yu Suzuki http://yuchrszk.blogspot.jp

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/06/02/iikanji/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。