ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Mで「アプリ」セクションがリニューアル、より機能的に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 端末にインストールしたアプリを一覧表示して管理できる「アプリ」セクションの内容が Android M でリニューアルされ、以前よりも機能的なものになりました。Lollipop までの「アプリ」セクションでは、アプリの停止 / アンインストール / 無効化を行え、消費ストレージ量やアクセス権限を確認できるだけでした。それが、Android M で UI が刷新され、データ通信量の画面を表示したり、アクセス権限を ON / OFF したり、通知の表示モードを変更することなども可能になりました。また、一覧のオーバーフローメニューで「アプリの設定をリセット」を行うと、従来は「デフォルト設定」の解除だけが行われていましたが、Android M で無効化アプリやその通知機能、バックグラウンドデータ通信やアクセス権限の制限も一括で解除されるようになりました。


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、FOMAからXiスマートフォンへの機種変で5,400円キャッシュバックする「スマホデビューボーナスキャンペーン」を期間限定で開始
Xperia Z2 / Z2 Tabletに「23.2.A.1.62」ビルドのアップデートが配信開始
Xperia Z3+ / Z4のライブ壁紙アプリがダウンロード可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP