ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

格安スマホでガラケーにサヨナラ。簡単に使えるのは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近はほとんど毎日のように、格安スマホ・格安SIMの話題を目にするようになりました。今まではWebからの申し込みがほとんどでしたが、実店舗で対応できるMVNOも増えてきたことで、「ずっと大手キャリアのガラケーを使っていたけれど、そんなに安く使えるのなら……」という、シニア層の需要も大きくなってきているのではと思います。そこで今回は、シニアにもわかりやすい格安スマホは?というテーマでお話ししていきましょう。
ズバリ!シニアはどんなスマホが欲しい?
ずっとガラケーを使っていたシニア層の目線で、どんな格安スマホなら使ってみたいと思うのかを考えてみました。

①今まで使っていたガラケーと同じ番号を使いたい
やはりこれが一番でしょう。番号変更の連絡をするにも、メールのやりとりに馴染んでいなければ一苦労です。

②わからないことを直接聞ける場所が必要
これもシニア層には大事な点です。Web上から申し込んでも、わからないことがあったらどこに聞けばいいのかわからないし、それを調べるのも億劫です。直接いろいろ聞けるところがあればそれだけで、格安スマホに変えてみようか、という気になるかもしれません。

③わかりやすいスマホがいい
今まで使ってきたのはガラケー。初めてのスマホはどこを押したらいいのかもわからないかもしれない。ガラケーのようにわかりやすい画面のスマホがいいな、と思うのが当然かもしれません。

④アフターケアがあるとさらに良い
格安スマホを買って設定してもらったはいいけれど、使いながら急に困ることもあるはず。大手キャリアのようなアフターサービスが受けられればいいなぁ……なんて、実はシニア層だけじゃなく、みんなが思っていることでしょう。

 

シニア層のニーズに応えられる格安スマホって?
まずは「わかりやすいスマホ」にポイントを絞ってみます。

極論ですが実はどのスマホを選んでも、わかりやすいスマホにすることは可能です。かんたんスマホ風のホームアプリをインストールしていくつか設定をすれば、わかりやすいスマホに変身させることができます。

ただ、それでは本当の意味でのわかりやすいスマホにはなりません。今までガラケーを使っていた方々からすれば、「ホームアプリのインストール」ということ自体が、何のことだかわからないはずだからです。なので、初めから「わかりやすいスマホ」として購入できる格安スマホを紹介します。

以前の記事 でも紹介済みの富士通製の格安スマホ「ARROWS M01」は、ガラケーからの乗り換えの方に最適なスマホです。

 

 

かんたんスマホにありがちだった、後から好きなアプリをインストールできない問題も、こちらのARROWS M01なら難なくクリア。Google Playに対応しているので、内蔵メモリが許す限りインストールできます。家族とのLINEでのコミュニケーションも、バッチリですね。

その他ポイントとして挙げられるのが、海外メーカー製格安スマホではまず見られない、防水(IPX5・IPX8)防塵(IP5X)機能と、伝言メモ機能です。さすが国産スマホ!

スペックは、最新機種と比較してしまうと控えめなものの、ガラケーからの乗り換えで使う人にとって大事な機能はしっかり搭載しているので安心です。

 

「わかりやすい格安スマホ」、どこで買えるの?
格安SIMとのセットでARROWS M01を購入できるのは、イオンスマホ、楽天モバイル、NifMoの3MVNOです。一番手軽に実店舗で購入できるのはイオンスマホ。即日MNPにも対応しているので、日常のお買い物のついでに寄ってみて気に入ったら、その場でスマホへ乗り換えることだって可能。もちろん手続きの詳細は、店舗で直接聞くことができます。

セット購入じゃなくてもARROWS M01を使うことはできます。オススメは

先日の記事 でも紹介した、ヨドバシカメラマルチメディアAkibaにあるSIMフリーカウンターでの購入(契約)です。店舗内で格安スマホを購入後、SIMフリーカウンターで相談すれば、自分に合ったMVNOや料金プランを提案してもらえます。契約時にはMNPや各種設定を任せることができる上に、アフターサービスもあり。まさに、シニア層のニーズをすべて叶えられるところ、といってもいいでしょう。

しかし難点はあります。ここまで充実したSIMフリーカウンターがあるのは、2015年5月現在で秋葉原の同店舗のみ。遠方から契約に赴くのはちょっと難しいでしょう。その点では、BIC SIMカウンターがあるビックカメラでの購入の方が現実的かもしれません。

 

サポートが充実した格安スマホは
さらに、こちらの記事 で紹介した「TONE」は、シニア層向けとしてもぴったりです。

 

ARROWS M01とおなじく、はじめからわかりやすいホーム画面がインストールされています。

 コールセンターでの電話サポートや遠隔リモートサポート、講習会と一部のTSUTAYA店舗での対面サポートなど、購入後の不安を解消してくれるアフターケアの充実度はかなり高いです。

ガラケーから格安スマホに乗り換えるまでの壁は、本当に低くなってきています。実店舗で対面で相談しながら格安スマホを購入できる環境が、こんなに早く整いつつあることに驚きつつ、シニア層やインターネットの情報が苦手な方々も含めた全ての人が、格安なサービスを受容できる機会がさらに増えることを期待したいですね。

 (文:千葉理恵)

 

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。