体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

真っ黒な魚介系濃厚スープ! ラーメン激戦区大阪福島で行列ができる『三く(さんく)』

三く

ラーメン激戦区の大阪福島に、最近、新しくオープンした人気のラーメン店があるとウワサを聞きつけ、早速、食べに行ってみた。

JR大阪環状線の福島駅から、東西線の新福島駅方面に歩いておよそ10分。郵便局のちょうど目の前にお店がある。『三く(さんく)』と書かれた赤いのれんが目印だ。

行列ができる人気店『三く(さんく)』

ちょうど12時過ぎ頃にお店につくと、すでに行列ができていた。
行列ができる人気店というウワサは、本当らしい。

かなりの人数が並んでいたものの、回転率が早く、約15分ほどで店内へ。
中に入ると、本当にラーメン屋かと思うほど、掃除が行き届いたキレイな店内、そして、オシャレな雰囲気のBGMが流れている。

厨房(ちゅうぼう)を見るとラーメン屋だが、それ以外の内装を見ただけでは、ラーメン屋とは誰も思わないだろう。女性とのデートでも問題なく使えそうである。

お店に入ると、券売機でチケットを購入。

ラーメンにつけ麺、いろんな種類のラーメンがあるが、店員さんがチケットを購入する際に、ラーメンの種類や特徴について解説してくれる。ひとつひとつに特徴があり、どれも食欲をそそられる。

親切でとても丁寧な接客

今回は、名前にひかれて、『黒壺(くろつぼ)』という、しょうゆラーメンを注文。

チケットを購入後、店内で10分程待ち、荷物をロッカーに置いて座席に案内される。そして、座席につくと、「スープがかからないように、ナプキンをお使いになりますか?」と一言。

「なんて丁寧な接客なんだ!」と、感動!白いシャツを着ていた私は、感動も5割増しである。

スープが真っ黒!濃厚スープに麺が存在感を放つ『黒壺(くろつぼ)』

そしてこれが、『黒壺(くろつぼ)』だ。

黒壺ラーメン

名前の通り、黒いスープに、器の半分のスペースを占める存在感抜群のチャーシュー。

ふわっとしながらも、肉厚でボリュームあるチャーシューに、分厚くザク切りにされたネギが、スープたくさん浮かんでいる。

ザク切りネギ

食器を見てみると、レンゲがよく見かけるような白いものではなく、木製のレンゲなのだ。食器にまでこだわりが感じられるのは、とてもテンションが上がる。

レンゲ

木製のレンゲでスープをすくうと、元々、濃いスープがさらに濃く目に映り、ほんとうに真っ黒になる。

スープ

しょうゆベースのラーメンは、あっさりしているものが多いと思っていたが、この『黒壺(くろつぼ)』は、とても濃厚だ。魚介類独特の香りが感じられ、当然、コクもある。

太めの縮れ麺
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。