ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2015年6月)、Lollipopのシェアが10%を超す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android Developers の公式サイトで 2015 年 6 月 1 日までの 7 日間にわたる Android のバージョン別シェアの統計データを公開しました。今回のバージョンのシェアは、1 位が KitKat 39.2%(↓39.8%)、2 位が Jelly Bean 37.4%(↓39.2%)、3 位が Lollipop 12.4%(↑9.7%)、4 位が Gingerbread 5.6%(↓5.7%)、6 位が Ice Cream Sandwich 5.1%(↓5.3%)、7 位が Froyo 0.3%(→0.3%)という結果でした。最新版の Lollipop がついに 10% を超えてきましたね。おおよそ 10 台に 1 台は Lollipop を搭載していることになります。今回の統計データでは、シェアの順位に変化はなく、Lollipop 以外のバージョンがシェアを下げている状況も変わっていませんでした。しかし、Lollipop と過去 2 バージョンにはまだ大きなシェアの差があるので、当面はこの状況が続くものと予想されます。Source : Android Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
LG、インドや香港でG4のデュアルSIM版「G4 Dual(H818N)」を発売
MediaTek、ミッドレンジスマートフォン向けの新SoC「Helio P10」を発表
Google、Googleサービスのアカウント設定やセキュリティ、プライバシー情報を一括管理できる新サービス「My Account(アカウント情報)」を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP