ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食材のムダを可視化!レストラン向け食料廃棄物モニタリングツール「MintScraps」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国際連合食糧農業機関(FAO)の推計によると、1年間の食料廃棄量は、世界全体で食料生産量の約3分の1に相当する16億トン。

米国でも2010年時点で、食料供給量の31%が消費されないまま廃棄され、その損失額は、1616億ドルにものぼるとみられている。

・食料廃棄量をデータで可視化

食料廃棄量を削減するためには、まず、その量を計測し、数値化することが必要だ。

そこで、飲食店を対象に、食料廃棄量をモニタリングするオンラインソリューションとして開発されたのが、「MintScraps(ミントスクラップス)」である。

MintScrapsは、飲食店側が毎日入力するデータをもとに、食料廃棄量を、リサイクル、コンポスト(堆肥)、廃棄別に分類し、1週間ごとにレポートを作成。

飲食店から排出されている食料廃棄物の量を、数値データで継続的に追跡できるというわけだ。

また、リアルタイムベースで生成されるグラフや表を使って、食料廃棄における傾向を把握したり、非効率な業務プロセスを特定することもできる。

・食料廃棄量の削減に向けたマネジメントツールとしての活用も

従来“ブラックボックス化”しがちであった食料廃棄量をデータで可視化してくれるMintScrapsは、食料廃棄にまつわる課題の発見に役立つのみならず、廃棄量削減のために実行した施策の効果検証などにも、活用できそうだ。

MintScraps

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP