ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新人女子アナが超豊作 日テレ笹崎アナの独走許さぬ逸材揃う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月は各局新人女子アナの「初鳴き(最初のアナウンス)」の季節だ。1000倍といわれる狭き門をくぐり抜けたエリートたちは今年もスター候補揃い。女子アナの新人王バトルで知名度抜群のあの「超大型新人」を追い抜く者は現われるのか──。

 今年はすでに「突出」した存在がいる。日テレの笹崎里菜アナ(23)だ。学生時代、ミス東洋英和に輝いた笹崎アナは銀座のクラブでホステスのアルバイトをした経験から「清廉性がない」といったんは採用内定を取り消されたものの、日テレとの法廷闘争を経て入社を勝ち取った。

 このゴタゴタのおかげで入社前から知名度は抜群。研修中もおっかなびっくり付き合う周囲に臆することなく、早くも銀座仕込みを思わせる「人たらし」ぶりを見せていたという。

「話す時の顔の距離が、とにかく近いんです。あれでドキッとしない男はいない。ホステス経験が生きていますね(笑い)。

 担当番組は日曜朝の『シューイチ』(日・朝7時30分~)が有力視されていたが、『週刊ポスト』が報じたので白紙に戻ったようです(笑い)。『Going! Sports&News』(土日・夜11時55分~)が濃厚だといわれていますが、これもすでに報じられたので、また変わるかもしれません」(日テレ社員)

 気になる「初鳴き」は8月末に放送される『24時間テレビ 愛は地球を救う』のエンディングでの「提供読み」になる見通しだ。

 そんな笹崎アナの独走に無名ながら「待った」をかける逸材が各局に揃う。ここ数年、各局とも採用を絞りがちで小粒揃いだったが、2015年は例年にない「超豊作」なのだ。

 今年は「アスクの年」といわれる。テレ朝のアナウンススクール「テレビ朝日アスク」出身の女子アナがキー局、NHK合わせて6人もいるからだ。

 池谷麻依(テレ朝)、田中萌(テレ朝)、上村彩子(TBS)、宇内梨沙(TBS)、小澤陽子(フジ)各アナのほかNHKに副島萌生アナ(23)が入社した。

 かつてはキー局3局から内定を取ったフジの加藤綾子アナ(30)、広島カープの堂林翔太選手と結婚した元TBSの枡田絵理奈アナ(29)、テレ東の相内優香アナ(29)、広島カープの前田健太投手の妻で元東海テレビの成嶋早穂アナ(29)が同じTBSのアナウンススクール出身だったことで知られるが、その時以来の出来事だとか。

「こうした女子アナならではの“同期”は強い横のネットワークになる一方で、お互いを意識する理由にもなる。ここから将来のライバル関係が生まれるかもしれない」(フジテレビ関係者)

 そんな「アスク同期」のうち2人は、元TBSの青木裕子アナ(32)やテレ朝の竹内由恵アナ(29)を輩出した「ミス慶応」の肩書きを持つ。フジの小澤陽子アナ(24)とTBSの宇内梨沙アナ(23)である。

※週刊ポスト2015年6月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
女子アナ採用更に狭き門に 正社員採用よりフリーに頼る風潮
粒ぞろいの女子アナ達の中でも美しさ目立つ日テレ徳島えりか
チノパン 背中のぱっくり開いた黒のドレス姿でセレブ感満載

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP