ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松谷みよ子氏 晩年は本来の純粋でかわいらしい面強くなった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1964年に刊行された『モモちゃんとアカネちゃん』シリーズは640万部、1967年の刊行絵本『いない いない ばあ』は1967年以来550万部を超える。570あまりの著作が今なお読み継がれている児童文学作家・松谷みよ子さんは、早くに離婚をして子供を1人で育てながら仕事をしたシングルマザーでもあった。「モモちゃん」のモデルでもある長女・瀬川たくみさんから見た松谷さんはどんな母親だったのだろう。在りし日の思い出を語った。

文/井上理津子(ノンフィクションライター)

〈たくみさんは、12年前から松谷さんの仕事を手伝い始める。3年前には「松谷みよ子民話研究室」から「松谷みよ子事務所」に名称も変え、著作権管理や松谷さんの仕事全般を取り仕切ってきた。〉

 母は、日本の行く末を厳しい目で見つめ、子供の未来を案じていた人でした。

 そういう強い思いの中でたくさんの作品を生み出してきたと思います。とりわけ晩年の母は、のどかな生活を好み、本来の純粋でかわいらしい面が強くなりました。

 この3年間、母は私に頼り切っていました。最後の日々に、父のお墓と並べてほしいと本音を言い、のびやかに過ごして、す~っと眠るように逝ったのは、事務所を率いながら病院と往復する私が倒れるのではないかと案じたかのようでしたし、たまたまスタッフ全員が病室にいた日に逝ったのも、私を一人にしないでくれた母の愛を感じました。

 母が亡くなる前、58年前に母が父と民話の採訪に出かけ、最初に2人で出版した『信濃の民話』の復刊が決定したんです。母はその連絡に、「本当!?」と目を大きくしてとても喜んでいました。母にとって父との最高の思い出が詰まった本ですから。母はきっと、復刊が決まって、父との思い出を辿り、父に会いたくなってしまったのかもしれません。そんなふうにふっと旅立ってしまいました。

※女性セブン2015年6月11日


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松谷みよ子氏 亡くなる直前を「モモちゃんのモデル」が述懐
松谷みよ子さん 離婚した夫と隣の墓へとの提案に「いいね」
バブル母 家族社割目当てアパレル企業に娘の履歴書勝手に送る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP