ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アジアで一番美味しいタイのハンバーガー『ナナバーガー』の2号店が大人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「アジアで一番美味しい」といわれているハンバーガーが、タイの首都バンコクにある。バンコクの歓楽街『ナナプラザ』の入り口にあり、店舗は屋台。オーダーから調理、包装までひとりですべてをこなす。

場所柄もあってか、客層は欧米人男性や日本人男性が多く、一番人気はトッピングが全部入った「T.B.O.バーガー」。卵焼き、ハンバーグ、ベーコン、チーズ、レタスが入っており、あまりにも密度が高いため、溢れないように包装紙でピチピチに包むのが特徴。

仕上げにケチャップとマヨネーズをかければ完成だ。その味はたまらなくディープ。まさに「濃厚」という文字を具現化したかのようなハンバーガーで、肉汁とチーズの溢れるエキスが病みつきになる味。

モスバーガーのようにジューシーなので、口の周りにたくさんケチャップがつくが、そのあたりは気にせずガッツリと食べるのがべスト。

数年前までは110バーツだったが、ここ最近は150バーツに値上げ。あまりにも人気が出すぎて、『ナナバーガー』の2号店がタニヤ通りの入り口にオープンしたほどである。

新店の評判は「まだまだこれから」といった感じだが、まとめ買いをしてテイクアウトする客が多く、安定した美味しさを保っているようだ。

しかし、『ナナバーガー』マニアからは「本店の60パーセントの味」と辛口評価されており、本店に負けないクオリティで出せるようになれば、もっと行列が出来る店になるかもしれない。

ちなみに、『ナナバーガー』の卵焼きはハート型をしている。なかなか気がつかないかもしれないが、購入したら覗いてみるとおもしろい。

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/06/01/nana-burger/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP