ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自分をもっと洗練させる、指先の「背伸びジュエリー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


身の丈より少し背伸びした洋服や、靴を身につけて、背筋がピシっと伸びるような感覚って、女の子なら経験しているはず。
自分自身の内面を洗練させたいときは、少し背伸びしてジュエリーを指先に迎えてみて

指先にジュエリーがあるとしぐさが洗練される

女子力アップ! というよりは、ワンランク上の上質な女性的になれるのが、ジュエリーがかけてくれる魔法のひとつ。指先にお気に入りのジュエリーを身につけていると、ほんのわずかな動作も少し上品にさせてくれます。
「高いものだから丁寧に扱わなきゃ」、「宝物だから大切にしたい」そんなジュエリーを大切にする気持ちにより、自然と手を動かすスピードが遅くなるので、ひとつひとつがゆったりと余裕がある動きになります。

指先のケアも丁寧になる

荒れてしまいがちな指先も、大切なジュエリーを身につけるとなると俄然ケアに力が入るもの。毛先や足先、言葉の語尾など、先っぽが美しい女性は男性だけでなく周囲の人からの好感度が高いですよね。
手の指先もそのひとつ。ジュエリーを身につけたいから、指先の美しさを保ちたいという思いではじめるケアが、多方面からの思いがけない評価につながるかもしれません♪

ジュエリーに見合う女に成長できる

身の丈より少し背伸びしたものを身につけると、人はシャキッと前向きになれるもの。身につけているジュエリーに見合う女性になりたくて、自然と行動にも変化が生まれるんです。
指先のジュエリーが司会に入ると自然と笑顔がこぼれたり、少し気持ちが沈んでいても「よし、がんばるぞ」と前向きになれたりします。
私がオススメの背伸びジュエリーはAbHeri(アベリ)の「priere(プリエ)」というピンキーリングです。どのジュエリーもデザインが繊細で上質
身につけた瞬間に、凛とした気持ちが体の中からこみ上げてくる背伸びジュエリー。内面を磨きたいと思ったら、ちょっと奮発して背伸びジュエリーをまとってみてください。
summer fashion image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
いかにも「出会い狙い」と思われないパーティワンピの新常識
この赤、どう見えてる? 色味にこだわってもっと「赤上手」に
梅雨のジメジメもパッと華やかに。カラースカートで気分をアゲる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP