ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Album Review: ジェイソン・デルーロ流、ヒップ・ポップ・マナーに則った4th

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 デビュー曲にしてNo.1獲得という、華々しいスタートを飾った「ワッチャ・セイ」を核に、「イン・マイ・ヘッド」、「ライディン・ソロ」と立て続けにTOP10ヒットを送り込んだ、デビュー盤『ジェイソン・デルーロ』から、6年。

 2011年にリリースされた2nd『フューチャー・ヒストリー 』は佳作だったものの伸び悩んだが、2年周期でリリースされた、3rd『タトゥーズ・オン・マイ・ハート』(2013年)から、「トーク・ダーティー」を筆頭に、「ウィグル」、「トランペッツ」と、ブラック・ミュージック本来の魅力を盛り込んだナンバーが大ヒットし、完全復活の兆しをみせた、R&B界のプリンス・ジェイソン。

 その勢いに乗せて、いよいよ4thアルバム『エヴリシング・イズ・4』がリリースされる。

 色気たっぷりのファルセットを活かした先行シングル「ウォント・トゥ・ウォント・ミー」が、すでに米TOP10入り、UK・オーストラリアではNo.1獲得に至っていて、あらためて現R&Bシーンのトップに君臨していると、世界規模で証明した。

 また、先行で配信された「ゲット・アグリー」や、スティーヴィー・ワンダーとキース・アーバンという、異例のコラボが実現した「ブローク」を聴くあたりも、本作は本人の現状を映しだすが如く、ノリにノッた、グルーヴィーなナンバーが出揃っている。

 カントリー界から出陣したキース・アーバンをはじめ、ノルウェーのDJマトーマやラテン界の女王・ジェニファー・ロペス、遅咲きながらもR&Bディーヴァの風格すらみせる、K・ミシェルなど、バラエティに富んだゲスト陣も、話題性に事欠かない。

 中でも昨年、“ぽちゃかわ歌姫”としてブレイクを果たした、メーガン・トレイナーとのデュエット「ペインキラー」は、ネクスト・シングルとしての候補としてあがりそうな、ポップ・チューン。本作のコンセプトとして、6月からスタートする、米FOX-TVによるオーディション番組『アメリカン・ダンス・アイドル』で務める、レギュラー審査員の抜擢が、ダンス系トラックに特化した要因なのかもしれない。

 前作で魅せた“黒っぽさ”は薄れたものの、ソウルからポップへ、マイケル・ジャクソン型の進化の遂げ方には、恐れ入る。完全にヒップ・ホップ・フィールドに移ったクリス・ブラウンにかわって、R&Bシーンのメジャーどころは、“ハイパーポップ貴公子”とうたわれているだけあり、ジェイソン・デルーロの時代なの、かも。

 日本盤ボーナス・トラックには、前作から「トーク・ダーティー」、「ウィグル」のリミックスも収録。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『エヴリシング・イズ・4』
ジェイソン・デルーロ
2015/06/10 RELEASE
2,376円(tax incl.)

関連記事リンク(外部サイト)

ジェイソン・デルーロがS・ワンダー参加の意外な新曲を公開
ジェニファー・ロペス、メーガン・トレイナー、S・ワンダー等、ジェイソン・デルーロの新作に豪華ゲスト
ジェイソン・デルーロ、待望の新作AL『エヴリシング・イズ・4』が6月3日リリース決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP