ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビルボード週間シングルはAKB48が2週連続1位、星野源以降TOP5はすべて男性アーティストに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月8日付のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Hot Singles Sales”は、先週に引き続きAKB48の『僕たちは戦わない』が2週連続となる1位に。次いで星野源のニューシングル『SUN』が2位にチャートインしている。

 先週のチャートで実売数42.7万枚という圧倒的なセールスを叩き出していたAKB48の『僕たちは戦わない』だが、男性アーティストやバンドが揃った今週のチャートでも僅差ながらがっちり首位をキープしており、累計の実売数も49万枚を突破。6月6日には本作にも封入されている投票権の集計が発表される恒例の【AKB48 41stシングル 選抜総選挙】が控えているだけに、次週には50万枚の大台に乗りそうだ。

 一方、2位の星野源『SUN』は自身1年ぶりとなるニューシングルで、フジテレビ系水10ドラマ『心がポキッとね』主題歌に起用されており、先週末にはテレビ朝日系『ミュージックステーション』にも出演。精力的なメディアアプローチも実った形に。チャートはその後も、UVERworld、Block B、BOYS AND MENと前述通り男性グループが名を連ねる結果となっている。

◎Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Hot Singles Sales”
(2015年6月8日付)
1位.AKB48『僕たちは戦わない』
2位.星野源『SUN」
3位.UVERworld『僕の言葉ではないこれは僕達の言葉』
4位.Block B『HER』
5位.BOYS AND MEN『ARC of Smile!』

関連記事リンク(外部サイト)

総選挙で大注目のAKB48 40thシングル 実売数42.7万枚でビルボード週間セールスチャート1位に
【深ヨミ】AKB48、歴代の総選挙作品の初週売上げ比較
【先ヨミ】星野源 約1年ぶりの新SGが首位発進、僅差のボイメン追いかけるか!?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP