ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

劇場版『ラブライブ!』公開控えるμ’s ビルボード週間アルバムセールスチャートにでついに1位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本日発表の6月8日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート “Top Albums”にて、スクールアイドルプロジェクト『ラブライブ!』に登場するスクールアイドルユニット μ’s(ミューズ)のベストアルバム『μ’s Best Album Best Live! Collection II』が、初登場1位を獲得した。

 これまで圧倒的な人気でアニメチャートを席巻してきたμ’s。“ラブライバー”と呼ばれるファンの存在もさることながら、6月13日からは劇場版の全国ロードショーも控える中、3枚組約3時間30分という大ボリュームで贈るファンならずとも注目のベストとなった本作で、週間セールスチャートにおいてもついに1位に。アルバムチャートでは初の快挙となり、『ラブライブ!』人気の高さを証明する結果となった。

 チャートは次点にSuperflyの3年ぶりアルバム『WHITE』がチャートイン。湘南乃風やASIAN KUNG-FU GENERATIONの新作と共に、ロングヒット中の『「ワイルド・スピード スカイミッション」オリジナル・サウンドトラック』が5位に入っている点も注目だ。

◎Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート “Top Albums”
(2015年6月8日付)
1位.μ’s『μ’s Best Album Best Live! Collection II』
2位.Superfly『WHITE』
3位.湘南乃風『湘南乃風~COME AGAIN~』
4位.ASIAN KUNG-FU GENERATION『Wonder Future』
5位.『「ワイルド・スピード スカイミッション」オリジナル・サウンドトラック』

関連記事リンク(外部サイト)

堂本剛 1年3か月ぶりの新アルバム『TU』がビルボードセールスチャート首位、KEYTALKも3位と健闘
【先ヨミ】μ’s 大ボリュームのベストアルバムが1位、Superflyとアジカンが続く展開に
μ’s『ラブライブ!』PS Vita版主題歌で首位獲得、秦 基博は首位記録更新ならず

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP