ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

目元のトラブルを軽減。「コンタクトの保存液」がメイクオフに使える

DATE:
  • ガジェット通信を≫


目元の皮膚はとっても敏感。メイクをオフする際、強力なメイク落としを使い続けると目の周りのしわが増え、老化を早めてしまうことにもつながるそう。
シドニーのビューティ講座で、普段のアイメイクをオフするとき、なんとコンタクトレンズの保存液が使えるという情報をキャッチ!
目の周りの皮膚をいたわりながら、簡単にメイクオフできるということで、早速試してみました。

保存液で皮脂汚れを分解

コンタクトの保存液は、レンズに付着した脂やファンデーションの汚れなどを分解する働きがありますので、それをメイクオフに活用しようという理論です。
保存液は、目の中に入れるものを洗浄するために作られているので、目の周りのクレンジングとして使っても、もちろん問題はありません。
がっつり濃いメイクを落とすには不向きですが、薄めのアイメイクを落とすには十分なのだそう。

使いかたはポイントクレンジングと同じ

薄手のコットンをコンタクトの保存液でしっかり濡らし、そのままコットンをアイメイク部分へ。しっかりと押さえて5分ほど待ちます。
すぐにふき取るのではなく、しっかりと液をなじませるのがポイント。
その後ゆっくりとなでるようにメイクオフ。その後は顔全体をいつものようにクレンジングで洗顔します。

気になるクレンジングの威力は!?

本当にメイクオフできるのか、前代未聞のこのクレンジング方法に挑戦してみました。
まずはじめの感覚は、保存液が目元に触れると意外にも冷たく、ひんやりとして気持ちいいということ。
数分なじませてからやさしくメイクをふき取っていくと、予想に反してしっかりオフできていました。
2、3度なでるとコットンにアイメイクとファンデーションの汚れがビッシリ! これならもう少し濃い目のメイクもオフできるかも?
その後目元がかゆくなったり、しみたりといった肌トラブルは一切なし。普段使っているオイルクレンジングよりも好感触で、目元がスッキリしました。
デリケートな目元を肌に優しいアイテムでクレンジングするという発想、これはこれでアリ! でした。
brunette-woman image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
テンションも女っぷりもアガる。憂うつな気分を吹き飛ばす方法
赤リップ、塗っときゃいいと思うなよ #おブスちゃん
「歯ぐきマッサージ」で、思わず見惚れる笑顔を作る

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP