ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BRAHMANの映画『ブラフマン』予告編&「其限」ジャケ写解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月4日(土)に新宿バルト9ほかより全国公開される、箭内道彦初監督映画『ブラフマン』予告編と、7月1日(水)リリースのシングル「其限」のジャケ写が公開された。

シングル「其限」 (okmusic UP's)

この度解禁された予告編では、監督の箭内自らがインタビューをする形で、ドラムのRONZIのどこかコミカルな語り口でのメンバー紹介からスタートする。この時点ですでに普段のBRAHMANとは違う印象を受ける。2年10ヶ月ぶりの新曲「其限」(それきり)の音源に乗せ、激しいライブシーンや、トレーニングに耽るボーカルTOSHI-LOWの姿、談笑しながら、曲作りをする姿など、普段はあまり見ることのできない様子を垣間みることができる。

今年、結成20周年を迎えたBRAHMAN。パンク/ハードコアに留まらず国内外のロックシーンの先頭を走り続けてきた孤高のバンド。かつてはアンダーグラウンドだった彼らも、いつしか、日本の音楽シーンに欠かせない存在となった。オーディエンスが熱狂する輪の中心にはいつも彼らがいた。「静と動」を基盤に、人間の限りなく深い思いと、怒り、そして悲しみに満ちた思いを音に昇華させる。その圧倒的なパフォーマンスに魅了されたファンの中には、ミュージシャンや文化人も多く見られる。しかし、彼らの内面はこれまで語られることは少なかった。 映画『ブラフマン』は、そういった彼らの内面に切り込み、そして予告には含まれていないが、Ken Yokoyama、りょう、井浦新など錚々たるメンバーのインタビューや、かつてのメンバーへの思い、古い友人などのインタビューも織り交ぜられ、人と人が生きていくことを問いかける作品となっている。

また、同時に、7月1日(水)リリースの新曲「其限」のジャケット写真も解禁された。こちらもあわせてチェックしよう。

映画『ブラフマン』
7月4日(土) 新宿バルト9ほか全国公開
監督・撮影:箭内道彦
主題歌:BRAHMAN「其限」(トイズファクトリー)
語り:Ken Yokoyama、りょう、井浦新 ほか
出演:BRAHMAN(TOSHI-LOW、KOHKI、MAKOTO、RONZI)  
配給・宣伝:プレシディオ
(C ) 2015 映画「ブラフマン」製作委員会
公式HP:http://brahman-movie.jp/
ツイッター:https://twitter.com/brahman_movie
公式Facebook:https://www.facebook.com/brahman.movie

シングル「其限」
2015年7月1日(水)発売
【初回限定盤】
TFCC-89549/¥1,667+税
<収録内容>
■CD
1.其限
2.終夜
3.汀に咲く
■DVD(全12曲 約39分予定)
BRAHMAN「Tour 1080°」
1.FOR ONE’S LIFE
2.賽の河原
3.SPECULATION
4.時の鐘
5.汀に咲く
6.終夜
7.CAUSATION
8.警醒
9.ANSWER FOR…
10.霹靂
11.虚空ヲ掴ム
12.初期衝動

【通常盤】
TFCC-89550/¥1,111+税
<収録内容>
1.其限
2.終夜
3.汀に咲く

映画『ブラフマン』より (okmusic UP's) 映画『ブラフマン』より (okmusic UP's) 映画『ブラフマン』より (okmusic UP's) 映画『ブラフマン』より (okmusic UP's) 映画『ブラフマン』より (okmusic UP's) 映画『ブラフマン』より (okmusic UP's) 映画『ブラフマン』より (okmusic UP's) 映画『ブラフマン』より (okmusic UP's) 映画『ブラフマン』より (okmusic UP's) 映画『ブラフマン』より (okmusic UP's) 映画『ブラフマン』より (okmusic UP's) 映画『ブラフマン』ポスター (okmusic UP's)

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
BRAHMAN オフィシャルHP
シアターブルック、20周年を記念したアルバムに豪華ゲストが参加

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。