ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリックすると昔の街並みが現れる!NYのタイムスリップ系マップ「OldNYC」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

街は時代の流れとともに、その姿を変えていくもの。

それゆえ、日頃、見慣れた場所に潜む歴史を知ることで、新たな街の魅力に気づくこともあるだろう。

・地図をクリックすると昔の街並みが現れるオンラインマップ

2015年5月21日に公開された「OldNYC」は、ニューヨーク公共図書館(NYPL)が所蔵する1870年代から1970年代までのニューヨークのデジタル画像を整理した、インタラクティブなオンラインマップである。

画像にはそれぞれ、撮影場所を特定するジオタグが埋め込まれており、マップ上の赤いドットをクリックすると、その場所で撮影された写真が表示される仕組み。

気になるエリアをクリックするだけで、昔の時代に”タイムスリップ”できるわけだ。

・公共図書館が主導する、街の歴史のデジタルアーカイブ化

ニューヨーク公共図書館は、これまでも、古地図や画像のデジタルデータ化をすすめ、所蔵する作品を積極的にオンライン上に開放してきた。

2014年3月、所蔵する2万点以上の古地図をパブリックドメインとして公開したほか、2015年2月には、古地図から得られるデータをもとにニューヨークの歴史をさかのぼるプラットフォーム「NYC Space/Time Dictionary」の開発にも着手している。

一般に、各地の公共図書館では、古地図や写真など、その地域の歴史を伝える貴重な史料が、数多く保管されている。

ニューヨーク公共図書館の取り組みは、テクノロジーを駆使し、ユーザーに利用しやすい形態に仕立てた上で、広く一般に開放し、これらの”資産”を有効に活用している先進的な事例といえるだろう。

OldNYC

 

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP