体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

30代女性が食生活で気をつけるべきこと。鍵は「ホルモンバランス」に!

150601_hormone-balance02

米「ボストン医療センター」栄養と体重管理部門の主任ディレクターであり、ボストン大学医学部教授のCaroline Apovian博士が、女性のホルモンバランスを正常に保つための食事法を「mindbodygreen」で紹介しています。

記事に登場する「ホットフラッシュ」という言葉を初めて耳にするという方へ。かいつまんで説明すると、更年期を迎えた女性特有の血行不良による「ほてり」や「のぼせ」「発汗」のこと。ですがこの症状、ホルモンバランスの乱れやストレスによっては、更年期前の女性にも起こる可能性があるんだとか。とくに30代、40代の女性のみなさん、要チェクです。

shutterstock_156966995

人間の体内機能は、私たちが摂取するあらゆる食物に影響を受けています。ホルモン分泌もそのひとつ。とくに女性は、普段の食生活をもっと意識するだけで、老化を遅らせることもできるし、体重をコントロールすることだって可能です。

栄養学に関する長年の研究に基づき、おすすめの食品と、避けるべき食品をリストアップしました。あらゆる年代の女性たちに有効な方法なので、ぜひ参考にしてみてください。更年期の初期症状を緩和するだけでなく、生理不順などに悩む若い女性にも効果的。ホルモンバランスを意識した食習慣をはじめましょう。

【ホルモンバランスを整える食品】

太りにくい体質づくり
鶏肉・大豆などのタンパク質

shutterstock_206931865

良質なタンパク質は、女性の体内で筋力の維持に大きな助けとなります。私たちの研究では、更年期を迎えている女性がこれらの食材から必要なタンパク質を取れば、太りにくいということまで証明されています。また、更年期女性の健康管理協会「WOMAN’S HEALTH INITIATIVE(WHI)」が調査した結果では、大豆製品はホットフラッシュを軽減するのに、役立つ可能性があることを示唆しています。
ポリフェノールの一種で、大豆に含まれる「イソフラボン」は、体内で女性ホルモン(エストロゲン)と同じような働きをすることから、女性ホルモンの減少による更年期障害の諸症状、さらには生理不順の改善などに効果的と考えられている、女性にうれしい食品なのです。

月経前の頭痛やイライラには
脂肪分の多い青魚

アジ、サバ、イワシなどの青魚には、良質な脂肪と言われている不飽和脂肪酸(EPAやDHA)が含まれており、気分の落ち込み、心臓病、がん予防にも効果を発揮すると考えられています。青魚に含まれるビタミンB6は、女性ホルモンの代謝に働きかけ、体内バランスを整えてくれる、大切な役回り。また、生理前のホルモンバランスの乱れから生じる月経前症候群(PMS)や妊娠中のつわりなどの症状を緩和する働きがある、とする研究結果も。

乳がんのリスクが低下?
アブラナ科の野菜

shutterstock_135241682
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。