ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飲み物のように食べられる!?開発に10年かかった行列のできるカレー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月28日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後3時50分)では、「絶品&激安!大行列“激うまグルメ”」と題して、リポーターの瞳ゆゆさんが「カレーは飲み物。」(東京都豊島区)を訪れた。

 東京メトロ池袋駅から徒歩2分の同店は、行列の絶えない人気カレー専門店。一番人気のメニューは「黒い肉カレー」(890円 税込み)だ。嬉しいサービスとしては、味玉、ポテトサラダ、パクチー、バジル、フライドオニオンなど、10種類のトッピングから3つまで無料で提供される。カレーソースの隠し味には、醤油ベースの“そばつゆのかえし”を加えている。同時にそば店も経営しているので、できる技だ。さらにコクを出すためにマスカルポーネチーズを加え、2日間寝かせている。開発に10年かかった苦心の一品だ。もうひとつの人気メニューは、スパイスの効いたインド風の「赤い鶏カレー」(790円 税込み)。玉ねぎの甘みとトマトの酸味が特徴で、特に女性に大人気だ。

「黒い肉カレー」を見た瞳さんは「すご~い豪快!トッピングもどっさりと」とコメント。そして食して「おいしい!豚肉がほろほろと溶けます。角煮みたい」と笑顔で称賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:カレーは飲み物。(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:池袋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カレーのお店紹介
ぐるなび検索:池袋×カレーのお店一覧
激辛商店街加盟店!辛さが選べる激辛「黒毛和牛すじカレーうどん 」
伏見稲荷大社参道にある老舗店の名物料理「うずらの串焼き」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP